老人ホーム・介護施設を探すなら
介護うつにならないために注意しておきたいこと お急ぎ相談フォーム
入居相談窓口 受付時間 9:00~19:00
フリーコール0120-907-393

介護食ってどんな料理のこと?

最終更新日2019年03月21日15:53

要介護者に合った食事作りはとても大切です。特に低栄養となりがちな高齢者の健康をサポートする意味でも介護食の持つ重要性はとても高くなっています。栄養のバランスの良い介護食がもちろん大切ですが、さらに噛みやすいことが求められているのです。咀嚼する力が弱くなっている要介護者が少なくありませんから、噛みやすいこと、さらには舌や歯茎などで容易につぶすことができることが重要となっています。喉を詰まらせることのないような介護食づくりが大切になってきていると言えるでしょう。ここでは、介護食の概念から、介護食の特徴について詳しく説明し、介護食として代表的な食べ物の特徴や食べやすさについても解説していきます。

介護食とは

要介護者にとって食べやすいのが介護食というイメージになりますが、生きていくための食事ではなく、日々の張りのある生活をおくるための活力とならなければいけません。そういった意味では、おいしく楽しい食事が介護食の第一条件でもあるのです。

①食の重要性

介護食は単なる栄養摂取にとどまることなく精神的な満足感を得るものでなくてはいけません。介護者にとって生きる楽しみでなくてはなりません。要介護者は日々活発に動き回ることができないので、日常生活の中で刺激を受ける機会が多くはありません。それだけに、1日三度の食事が楽しみという要介護者はたくさんいるのです。

②安全な食事

食事について特別な制限がなく、健康な人が食べる食事が通常食であり、それに対して介護食は、噛む力、飲み込む力が弱まっている要介護者が安全にかつ安心して食べることができるように、工夫された調理方法で作られた食事です。昨今では、温めたらすぐに食べることができるようなパックになった介護食なども販売されています。

介護食の特徴

要介護者の噛む力、飲み込む力に合わせて、介護食は以下の4つに分類されます。

  • 容易に噛める
  • 歯茎でつぶせる
  • 舌でつぶせる
  • 噛まなくてもよい

以上の4つに分類されて介護食は作られています。次ではさらに詳しく説明します。

容易に噛めること

硬いものや大きいものは食べづらく感じることがあっても、普通に飲み込むことができます。食事の種類としては、普通のご飯や焼き魚、焼き豆腐などです。

やわらかく、舌や歯茎でつぶすことができる

柔らかい食材で作られていて、舌や歯茎で容易につぶすことができるように作られています。食事の種類としては、お米1に対して水5の割合で炊かれたおかゆ、魚のほぐし煮、絹ごし豆腐などです。

飲み込みやすい

ほぼ噛まなくてよく、そのまま飲み込んでも食べることができるように作られています。食事の種類としては、ペースト上位のおかゆ、同じくペースト状のさまざまな食材となります。

消化しやすい

介護食ですから、栄養が有り消化しやすいことが絶対条件となります。要介護者の多くは消化器官も弱くなっています。食材には十分気をつけて、柔らかくした介護食が基本です。

高齢者が不足しがちな栄養を摂取できる

これまでの条件を満たしながら、なおかつ栄養が摂取できるものでなくてはいけません。それでいて栄養過多になるものでもなく適度な栄養が必要ということです。

代表的な介護食

飲み込むことしかできない要介護者となれば話は別ですが、多少でも咀嚼能力のある要介護者でしたら、介護食にもさまざまなバリエーションを持たすことができます。

かぼちゃの煮物

かぼちゃを一口大の大きさにきり、砂糖・しょうゆ・だし汁を加えて煮ます。一般職に近い形ですが、十分に煮込むとかぼちゃも柔らかくなるので介護食として利用が可能です。咀嚼能力の弱い要介護者の場合は、軟らかく煮たかぼちゃの皮をのぞいてミキサーにかけてペースト状にしたものにするとよいでしょう。

肉じゃが

介護食の中でも要介護者には人気の高い食事です。十分に煮込むことで噛みやすく飲み込みやすくなるので十分に介護食として要介護者に提供できます。十分な咀嚼能力がなく、飲み込む力のない要介護者でしたら、煮込んだジャガイモをつぶしてペースト状にしてだし汁と混ぜます。肉も舌でつぶせるくらいやわらかくできますが、場合によってはのぞいたほうがいいかもしれません。

豚汁

具沢山が自慢の豚汁です。要介護者にも好まれる介護食です。豚のひき肉、大根、にんじん、ごぼう、豆腐、長ネギなどが代表的な食材となります。ごぼうも小さく刻んだもので、要介護者の状況によっては大丈夫でしょう。他の食材は舌や歯茎などでつぶせるくらいのやわらかさにするのが基本です。

白身魚の煮付け

柔らかく味が良く乗るので、これも要介護者に人気の介護食です。ペースト状にもできますが、十分にやわらかくできるので、飲み込む力のある要介護者向けの介護食と考えるといいでしょう。

まとめ

介護食は、要介護者の咀嚼能力や飲み込む力などを考慮して作らなくてはいけません。また、ペースト状にしておけばとりあえず安心と思っていては、咀嚼能力のある要介護者にとっては物足りなく感じることもあるでしょう。要介護者の状態などや、要望をよく考えたうえで、介護食を作る必要があります。なによりも、要介護者は介護食を楽しみにしています。本人に寄り添った食事を提供できるようにしたいものです。

弊社担当のご紹介田中 晴基(介護施設スペシャリスト)
入社3年目の田中と申します。前職での介護経験を活かしお客様のご希望にマッチングした施設をご提案します。また介護のあらゆる問題をテーマにしたコラムも執筆し幅広く情報発信しています。

おすすめの介護施設・老人ホームPR


介護施設を探す
人気の介護特集 介護保険とは? 親が認知症になったらどうする? 介護うつにならないために注意しておきたいこと 栄養満点!高齢の方が食べやすくておいしいレシピ 老人ホームと費用 老人ホームとケアプラン
施設の探し方ガイド
施設への入居が決まると?お祝い金進呈中
施設掲載ご希望の方は介護こちら

pagetop