老人ホーム・介護施設を探すなら
介護保険攻略ガイド お急ぎ相談フォーム
入居相談窓口 受付時間 9:00~19:00
フリーコール0120-907-393

介護施設を見学する時に気をつけておきたいこと

最終更新日2019年07月09日12:51

見学の際は、事前に施設のタイムスケジュールを確認しておきましょう。折角見学に行ったのに、お昼寝や外出の時間帯で、誰もいないのでは無意味になってしまいます。入居者やスタッフが、できるだけ大勢いる時間帯を選ぶようにしましょう。居室やホール以外にも、トイレや浴室等の清掃状況を確認しましょう。日常業務としての清掃が行き届いているかどうかは、施設運営の善し悪しを決定します。またパンフレットに記載されている事項の確認も大切です。写真や文字から受ける印象と、実際の雰囲気が違っていることはよくあります。施設の場所や建物の広さ、周辺の環境と設備の充実度、加えてスタッフ同士の会話や入居者への言葉づかい等も、自身の目や耳で確認しましょう。

介護施設の見学はソフト面(人材)が特に重要

一般的な施設見学はハード面が主ですが、介護施設の見学はソフト面(介護スタッフ)が特に重要になります。

そのソフト面を知る上では、入居者とスタッフができるだけ大勢いることが必須なのです。

入居者にも、自立している人、車椅子の人、寝たきりの人、または認知症の人など様々あります。

それら入居者に対して、スタッフがどのような声掛けや関わりをしているかは、スタッフの資質を知る上で欠かせません。

自立している人への対応と違い、要介護度が高く全介助を必要とする人への声掛けや関わりは、ある程度の経験がなくてはできません。

また認知症の人との会話や関わりはとても難しく、スタッフとしての経験は勿論、人間性が問われます。

業務をこなすだけが精いっぱいで、仕事に追われている状況であれば、人員配置や管理運営に問題があります。

常に余裕を持ち、笑顔で接しているスタッフであるかどうかを見極めるためにも、入居者やスタッフが大勢いる時間帯を選択して見学しましょう。

清掃はその施設の人員配置や管理運営の判断材料になる

「トイレを見れば全てが分かる…」とはよく使われる言葉ですが、一番汚れやすい場所であるからこそ、奇麗に清掃できているかどうかが問われます。

ホールや居室の広さ・使いやすさ等の住空間は、建築時にある程度決定します。しかし、そのホールや居室が、常に奇麗に維持されているかどうかは、その後の管理運営によって変化します。

スタッフの仕事内容としてまず挙げられるのは、食事介助、入浴介助、排泄介助等です。しかし、食事時には食べこぼし等で、また排泄時にも失禁等で、衣服や床が汚れてしまいます。

自立できていない入居者であった場合、スタッフが衣服交換を行わなかったら、その後も汚れたままで過ごすことになります。掃除をしなかったら、ホールやトイレも汚れたままになります。

清掃が常に隅々にまで行き届いているかどうかは、その施設の人員配置や管理運営の判断材料になるのです。

パンフレット内容のひとつひとつを納得のいくまで質問する

「施設見学に行ったが細かなことまでは分からなかった…」と言って、パンフレットを持ち帰ってくることは、よくあります。しかし、折角その施設にまで出向いたのですから、質問しましょう。

勿論、疑問点があれば、後日に電話で行うことも可能です。しかし、見学というチャンスを与えられたのですから、その場で直接、施設長等に質問しましょう。

パンフレットには、その施設を紹介したいという事柄が、ぎっしりと詰め込まれています。しかし、初めて見る内容には、理解できない言葉等も多くあります。

またパンフレットは、施設が出来上がった時点で、大量に作られたものです。経年と共に変化した内容は修正しますが、中には直されていないものがあるかもしれません。

写真や文字から受けるイメージと、実際の施設(設備)内容や運営のあいだには、大きな違いがあるかもしれません。

記載されている内容のひとつひとつを取り上げて、納得のいくまで質問することが重要です。

緊急時の救急搬送や看取りについても確認する

介護施設に入居する高齢者のほとんどは、疾病を持っています。

誤嚥、発熱、転倒等、いつ医療サービスが必要になってもおかしくありません。

定期の受診は、何処の医療機関で行ってもらえるのか? これまで診てもらってきた医療機関で、そのまま引き続いて受診することができるのかどうか? 

緊急時には、救急車を呼んで搬送してもらえるのかどうか? またそれ以外にも、看取りをしてもらえるのかどうか等も、必ず確認しておきましょう。

まとめ

介護施設の情報を得るだけなら、ほとんどの場合はインターネットでこと足ります。

しかし、自分の目で確かめる見学は、それまでに知り得た情報と、また違う印象を受ける場合が多くあります。

住居スペースや共有スペースというハード面の確認と共に、一緒に暮らすことになるスタッフの質や人間性は、実際に会ってみないと分かりません。

質問事項を事前にきちんと整理して、できるだけ多くのスタッフと会話するように心掛けましょう。

弊社担当のご紹介田中 晴基(介護施設スペシャリスト)
入社3年目の田中と申します。前職での介護経験を活かしお客様のご希望にマッチングした施設をご提案します。また介護のあらゆる問題をテーマにしたコラムも執筆し幅広く情報発信しています。

おすすめの介護施設・老人ホームPR


介護施設を探す
人気の介護特集 介護保険とは? 親が認知症になったらどうする? 介護うつにならないために注意しておきたいこと 栄養満点!高齢の方が食べやすくておいしいレシピ 老人ホームと費用 老人ホームとケアプラン
施設の探し方ガイド
施設への入居が決まると?お祝い金進呈中
施設掲載ご希望の方は介護こちら

pagetop