老人ホーム・介護施設を探すなら
親が認知症になったら? お急ぎ相談フォーム
入居相談窓口 受付時間 9:00~19:00
フリーコール0120-907-393

高齢者の虐待問題はなぜ起こる?家族ができる対策は?

最終更新日2019年08月01日16:10

高齢者の虐待問題が社会問題になっています。高齢者への虐待問題は、家庭内だけでなく、介護施設でも介護職員によってなされる場合がニュースで報道されるなど、介護のプロの現場でも発生しているのが現状です。

厚生労働省が公表している統計「平成28年度『高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律』に基づく対応状況等に関する調査結果」によると、介護施設職員による場合も、家族による場合も、年々増加傾向になっていることが分かります。

高齢者への虐待問題はなぜ起こるのでしょうか。そして、家族ができる対策はどのようなものがあるのでしょうか。

今回は、高齢者の虐待問題とその対策を中心にみていきましょう。

高齢者虐待は誰が起こすもの?

高齢者への虐待は、公表されている統計からも分かるように、介護に従事している介護職員や、介護に携わる家族によって引き起こされています。

虐待といっても、身体的に暴力行為を行うというだけではありません。介護や世話を放棄するいわゆるネグレクトや脅しや侮辱などの心理的虐待、合意形成がされていないのに性的な行為や強要する性的虐待、本人の合意なく財産を取り上げる経済的虐待などが挙げられます。

このように、人としての尊厳を傷つけるような行為を虐待としているのです。

高齢者で介護を必要としている人の中には、いわゆる認知症を患っている人も多く、侮辱の言葉を吐いても、理解できない場合もあります。しかし、本人が理解できていなくても虐待に該当するのです。

さらに、虐待している家族が、その行為を虐待と認識していないような場合もあります。そのため、統計に出ていない数字以上に虐待は行われている可能性もあるのです。

高齢者虐待の原因とは

それではなぜ高齢者への虐待が引き起こされるのでしょうか。特に家庭での虐待は平成28年度には約16,000件にも及んでいます。

これは、介護という現場が自宅の中という他人の目が届きにくい場所で行われていることや、介護ストレスなど介護者の精神的な問題も原因とされています。

介護は、家族だけでがんばってしまう傾向がある反面、1日中介護をしなければならないこともあり、介護者の自由は奪われがちです。そうすると、介護ストレスなどによってうつ病が引き起こされてしまう危険が高まります。また、介護施設の現場は激務だといわれており、劣悪な労働環境から高齢者への虐待が行われてしまうと指摘されているのです。

特に家族の場合は、介護に終わりが見えないつらさから、精神的に負担が大きいとされています。さらに、介護の場合は、つきっきりの場合が多く、他人から介護うつにかかっていると認識しつらい状況もあるのが現状です。

こうしていくつかの原因が重なり、高齢者虐待は増え続けているのでしょう。

高齢者虐待問題に対する対策

このような高齢者虐待の問題に対して、行政も対策を取り始めました。政府は、各自治体に対して、以下の対策を求めるようにしました。

  • 都道府県および市町村が速やかに実態を把握できる取り組みを強化すること
  • 介護に携わる関係者に対する研修等で対応を強化すること
  • 高齢者権利擁護等推進事業の活用

これらの対策がされていても、介護施設の現場は、人材不足ですべての介護サービスが満足に提供されていない場合もあります。

また、家庭で介護する家族の精神的負担はそれほど解消していない場合も多いため、問題の根は深いといえるのです。

家族ができることとは

家族が高齢者虐待防止のためにできることは何があるのでしょうか。介護の現場において、家庭で多く虐待が行われてしまっています。他方、家族は介護の負担やつらさから介護うつになっている場合が多いといわれているのです。

そのため、高齢者虐待を防止するためには、介護うつにならないように心がけるようにしましょう。

たしかに介護はつらいです。家族だけで担っていては、精神的に参ってしまいます。そのため、介護施設など、第三者に頼るようにするのです。

また、各自治体が運営する地域包括支援センターには、介護などに関する相談窓口があります。こうした相談窓口で日頃の介護のつらさを相談する方法もあるのです。

つらい状況をひとりで、あるいは少数で抱えないようにしましょう。

介護うつにならない工夫を

高齢者の虐待問題は、社会問題になっているほどです。しかも、今後、シニア層の割合が大きくなるため、介護問題はさらに大きくなっていくことが予想されます。

介護は自宅などで行われている場合が多く、他人の目が届きにくいため、虐待が行われていても、止める人がいないのです。しかも、虐待している人は、自分が虐待していると気がついていない場合もあります。

虐待は、介護うつによって引き起こされる場合も多いとされており、介護する家族がつぶれてしまうと大変です。

そのため、介護うつにならない工夫をしていくことをおすすめします。つらい気持ちや状況改善は、地域包括支援センターの相談窓口などで相談してみるといいですよ。

弊社担当のご紹介田中 晴基(介護施設スペシャリスト)
入社3年目の田中と申します。前職での介護経験を活かしお客様のご希望にマッチングした施設をご提案します。また介護のあらゆる問題をテーマにしたコラムも執筆し幅広く情報発信しています。

介護施設を探す
人気の介護特集 介護保険とは? 親が認知症になったらどうする? 介護うつにならないために注意しておきたいこと 栄養満点!高齢の方が食べやすくておいしいレシピ
施設の探し方ガイド
施設への入居が決まると?お祝い金進呈中
施設掲載ご希望の方は介護こちら

pagetop