在宅介護サービスの利用

在宅介護というのは要介護度が深刻化した場合、困難を極めます。できるだけ各種サービスを利用して、いわゆる介護うつなどに陥らないように注意しなくてはいけません。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

在宅介護サービスの種類

在宅介護で受けられるサービスの種類は?についてのイラスト
在宅介護で受けられるサービスには様々なものがあります。ホームヘルパーが自宅で食事・排泄・入浴・着替え等の介助をしたり、料理・洗濯などの生活援助をする訪問介護サービスがよく知られています。食事や入浴を介助するデイサービス事業所に通うデイサービス、病院などに通ってリハビリを受けるデイケア、老人ホームなどに一時的に入所するショートステイなどもよく利用されています。また、地域密着型サービスとして小規模多機能型居宅介護というものもあります。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

デイサービスを中心にしながら訪問介護、ショートステイと組み合わせながら24時間体制でのサービスを提供します。このような地域包括ケアシステムは高齢者が住み慣れた環境を変えることなく生活支援サポートを受けることができるため、近年注目されています。国ベースではなく自治体ベースの取組みであるという点が特徴で、非常に便利ではありますが、サービスを提供する施設と同じ市区町村に住民票がある人だけが利用対象になり、すべての人が受けられるわけではありません。

在宅介護の費用を抑えるには

このように在宅介護で受けることができるサービスは多種多様です。要介護度が重度だと必然的に複数のサービスを組み合わせて利用することになります。選択の仕方によっては介護保険の自己負担限度額を上回ってしまうこともめずらしくありません。費用面から在宅介護を選択している人も少なくないと思われますので、なるべくならば費用は抑えてたいところです。

それには介護サービスを受ける施設をよく選択する必要があります。たとえば住民票を置いている市区町村に小規模多機能型居宅介護サービスを提供している施設がないかまず調べてみましょう。
また、特定施設入居者生活介護(特定施設)の指定を受けているサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)を利用するというのも賢い選択です。特定施設の利用は1日単位の定額になっていて、その中でプロである介護職員から多種多様な介護サービスを受けることができるため要介護度が重度の場合は、比較的リーズナブルに介護サービスを受けられるでしょう。しかし、すべてのサ高住が特定施設として認可されているわけではないので事前にきちんと調べておくようにしましょう。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]