高齢者のレクリエーション

レクリエーションは高齢者にとっても大切です。についてのイラスト
レクリエーションは高齢者の生活の中にとても重要な役割を持ちます。社会人も休日に趣味を楽しんだり、旅行などに出かけてリフレッシュしているはずです。このような活動は良い気分転換に繋がったり、心の豊かさにも関連するとても大切なものです。高齢者の場合は単に楽しむだけでなく、病気や認知症の予防としてや、自立支援を行うためのリハビリの意味も含まれています。家に閉じこもっていたり寝たきりでは身体や脳を刺激することができませんし、そのままだと寝たきりに繋がる可能性もあります。リハビリとなると続かない人が多いため、レクリエーションを通し楽しみながら心と身体の機能回復を高めることが目的です。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

実際に利用されているレクリエーション

介護施設などでは楽しみとリハビリを両立したレクリエーションが数多く行われています。例えば音楽療法は歌を歌ったりすることでリズム感が鍛えられ、昔の記憶を呼び覚ますきっかけにもなります。運動は無理のない方法で実践するのが良く、特別なエクササイズではなくタオル1本を両手に持ちストレッチするだけでも効果的です。筋力の低下したお年寄りでも運動しやすく、普段使わない箇所を伸ばすだけでも血行が良くなり病気の予防に繋がります。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

認知症の方が多い場合、団体でのレクリエーションが難しいこともあるため、個々がそれぞれ好きな趣味を楽しむ方法などが利用されています。例えば園芸、工芸、散歩、話すだけなどその人自身が好きだと感じることをやるだけでも違います。物作りの場合は集中力の向上や達成感を味わえる特徴があります。

レクリエーションの注意点

レクリエーションは高齢者の認知症予防や身体機能を維持するためにも役立つことがわかっています。しかし個人による性格や嗜好の違いもありますから、向上が見込まれても本人が嫌がれば無理強いしないことが大切です。高齢者の場合体調不良により参加したくない場合もあるため、本人の気持ちを優先しながら楽しむ程度に実践しましょう。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]