サ高住でも認知症の受け入れができる施設あります。

サービス付き高齢者向け住宅の認知症受け入れ体制についてのイラスト

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)も施設によってまちまちではありますが、認知症患者の受け入れ体制が整っている施設も複数あります。
患者は年々増加傾向にあり、80代の患者の数が非常に多いと言われており、私達も他人事ではない問題なのです。
その為、サ高住でも受け入れが整っている施設が現れ始めています。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

サ高住ではどのような対策をとっているのか

認知症患者の代表的な行動の一つに夜間の徘徊が挙げられますが、様々な方法で徘徊を未然に防ぐという工夫をしています。
患者専用のフロアを用意したり、介護ステーションの近くの部屋を充てるという施設もあります。
その他にも患者が外出の際は付き添い者を付けることを必須としたり、もしくはGPS機能が付いたものを貸出・持参させて、しばらく経っても戻らない際はGPSの位置まで迎えに行くなどの対策を行う施設もあります。
また、もし行動や症状が現れても、薬の処方を行い、献身的な看護によって症状が収まるまでじっくり待つことも受け入れ体制の一つです。
もし、症状が現れていない高齢者であっても、施設入居中にいつ患ってしまうかわからないのが認知症です。
認知症の受け入れ体制の整った施設を探すのもサ高住を選択する上で重要かもしれません。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

サ高住入居者の認知症の程度

 

サ高住の入居者で認知症がない高齢者も約3割ほどいるが、認知症のある入居者はおよそ半数を占める。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]