介護タクシーの利用で豊かな生活を

介護タクシーの利用方法についてのイラスト
介護タクシーは介護サービスの一貫として、介護保険の対象となっており、介護サービスの必要性のある高齢者の豊かな生活を支えます。介護保険の給付対象として、病院の送迎などだけでなく、銀行や郵便局、市役所などへの送迎にも使うことができ、高齢者の方々の社会生活への意欲と関心を高める役目も持っています。その他にも選挙の送迎や施設入所予定の下見などにも利用が可能です。具体的に介護保険介護タクシーの対象となるのは、介護保険を使用できる要介護1から5の人、自立支援法による障害者等(内部障害・肢体不自由・知的・精神障害)の人で、申請を各市町村の介護保健課や介護保険係で行ってケアマネージャーに依頼することで利用が可能になります。特定疾病の40歳以上の人も申請が可能です。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

介護タクシーの使い方

介護保険の申請が済むと、ケアマネージャーや市町村の窓口で介護タクシーの利用を申し出ることができるようになります。介護タクシーの事業者を探してもらい、予約をして利用します。利用時には利用者は介護保険の制度に習って1割負担(例外もあります)を支払うだけです。後はタクシーの事業者が残りの負担額を請求して支払いを受けることになります。介護タクシーでは福祉車両を利用し、歩行介助などの要介護レベルに応じた適切な介助を行うことができます。着替え等の衣類着脱、自宅でのトイレ介助やオムツ交換、在宅酸素や吸引機等なども可能となっています。介護レベルを問わず、自宅を出るところから移動まで安全で快適に行われます。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]