サ高住で重要な併設、連携サービス

サービス付き高齢者向け住宅に併設、連携しているデイサービスについてのイラスト

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は建物を所有する一般オーナーが運営しているタイプから、専門的な介護事業者が運営するタイプ、老人専門病院や地域のクリニック等が運営するものまで様々です。
サ高住はあくまで高齢者が住みやすい住宅であり、個々の生活は独立しています。
そのため、介護サービスや介護予防のサービスを受けたい場合には、基本的に個別でサービス事業所と契約し、サービスを受ける必要があります。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

併設しているデイサービス

デイサービスもその1つですが、介護事業者が運営するサ高住においてはデイサービスが併設されており、通いやすさをウリにしているところも少なくありません。
送迎時間や送迎費用がかからず、毎日でも楽に通えて、入居している高齢者にとっては毎日の楽しみやリハビリの時間を作ることができます。

連携しているデイサービス

一方、併設していない場合にデイサービスを利用する場合は、施設が連携しているデイサービスを利用するか、入居前から利用していたデイサービスを利用するなどしなければなりません。
その際は、送迎料金が発生しますので、コスト面も考えるようにしましょう。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

まとめ

国や都道府県では介護は施設から自宅、地域への動きを加速させており、介護予防のためのデイサービスの位置づけを重要視しています。
通いやすさを重視して選ぶ、気に入ったところを自分で選択して選ぶ、入居者それぞれが判断できるのがサ高住のメリットです。

併設もしくはグループ法人内のデイサービスの利用割合

 

併設もしくはグループ法人内のデイサービスの利用割合は100%が最も多く、53.3%を占める。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]