デイケアの必要性

サービス付き高齢者向け住宅でデイケアのサービスを受けるにはについてのイラスト

身体能力が弱ってきた高齢者や、脳卒中や心筋梗塞等の後遺症で身体能力が低下した高齢者にとって、身体能力の維持・向上のためのリハビリは不可欠です。
リハビリを行わないと、どんどん身体能力が低下し、やがて寝たきりの状態が続いてしまうことも考えられます。
理学療法士や作業療法士等の専門家による適切なリハビリを受けられるかが、施設選びのポイントともいえるでしょう。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

高齢者向け施設のリハビリの提供方法

この点、特養や介護付き有料老人ホームに入所すれば、どんなケアでも受けられるように思われるかもしれません。
しかし、介護士による簡単なリハビリなどは受けられても、必ずしも専門家がそろっているとは限りません。
専門の設備がないところが多く、本格的なリハビリができないケースもあり、月に何度かだけ専門家が訪問する程度の施設もあります。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

サ高住でのデイケア利用方法

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)でデイケアのサービスを受けたい場合、デイケアが併設されている施設を選ぶか、外部サービスを利用する方法があります。いずれにしても付随するサービスではなく、個別に契約する必要があります。デイケアのサービスを受けるには、ケアマネージャーと相談し、自分に合ったケアプランを立てましょう。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]