サ高住では様々な融資制度があります

サービス付き高齢者向け住宅の融資制度についてのイラスト

国が2025年までにサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)を100万戸用意して、超高齢化社会に備えることを推進しているなか、国の政策の1つとして、独立行政法人住宅金融支援機構ではサ高住建設に必要な資金やサ高住として利用するための中古住宅の購入費用、改修費用などを返済しやすい融資制度を用意して支援しています。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

サ高住の各融資制度の内容

新しく建設する場合の融資制度の内容

建設向けの融資は事業費の最大100%まで融資が可能で、35年固定金利など長期固定金利返済を可能とし、サ高住を安定して運営できるよう配慮されています。
さらに平成26年4月からは元金据え置き制度が導入され、サ高住の経営が安定するまで返済負担額を軽減できます。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

中古住宅を購入する場合の融資制度の内容

サ高住として利用するための中古住宅を購入するにあたっては、購入価格の80%以内まで融資が受けられ、返済期間は25年以内、金利は申込時の利率にて全期間固定の安定返済が可能となります。
サ高住の改修、もしくはサ高住に改修するための費用の融資制度は、工事費用の80%以内、返済期間は20年以内で全期間固定の金利が適用されます。

サ高住に入居する方についての融資制度の内容

一方、サ高住に入居を希望する方についても、住宅金融支援機構では住宅融資保険制度を設けて支援しています。
サ高住に住み替えを希望する場合に自宅を担保に、家賃相当分として入居時に一括して払う入居一時金相当額を貸してくれます。
毎月返済の必要はなく、亡くなった時に自宅を売却するか、もしくは相続人が返済することで一括返済を行う、いわゆるリバースモーゲージの仕組みとなっています。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]