老人ホーム・介護施設を探すなら
介護保険攻略ガイド お急ぎ相談フォーム
入居相談窓口 受付時間 9:00~19:00
フリーコール0120-907-393

サ高住に関する統計情報について

最終更新日2016年12月17日18:52

特別養護老人ホームの待機者は52万人にのぼる

サービス付き高齢者向け住宅に関する統計情報についてのイラスト

2060年には日本の人口の約4割が65歳以上の高齢者となると予測されているなか、現在でも特別養護老人ホームの入所申込を行って入所できていない高齢者は2013年度は全国で52万2000人にも昇っており、前回調査の2009年度から4年間で約10万人も増加しています。
高齢化に歯止めがかからない中で、特養の受け皿としてスタートした制度が2011年10月から運用が開始されたサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)です。
民主党政権時には2025年までに60万戸の整備目標を掲げ、自民党政権になってからは100万戸を目指しています。



サ高住の登録件数の推移

サ高住の発足時からの登録件数の推移の統計を見てみると、スタート時点の2011年11月には30件しかなかったのが、翌年の2012年3月には800件まで増えています。
そこからの増加の勢いは大きく、わずか4ヵ月後の2012年6月には1,749件と倍増、さらに4ヵ月後の2012年10月には2,424件と3月からの7ヶ月間でおよそ3倍になっています。
2013年3月には3,391件と1年間で約4倍に増えました。
その後、2013年10月に4,000件を突破しましたが、その後は登録件数の伸び悩みが生じており、2014年6月時点でも4,714件でした。
なお、2015年9月末時点で総登録件数5,735件となり、1年3カ月かけて1,000件の増加となっています。



サービス付き高齢者向け住宅の登録状況

 

サ高住は、目まぐるしい増加を見せていたが、平成25年を機にやや緩やかに上昇している。



おすすめの介護施設・老人ホームPR


  • 介護施設を探す
    人気の介護特集 介護保険とは? 親が認知症になったらどうする? 介護うつにならないために注意しておきたいこと 栄養満点!高齢の方が食べやすくておいしいレシピ 老人ホームと費用 老人ホームとケアプラン
    施設の探し方ガイド
    施設への入居が決まると?お祝い金進呈中
    施設掲載ご希望の方は介護こちら

    pagetop