サ高住の設置基準と設備基準の内容

サービス付き高齢者向け住宅の設置基準と設備基準についてのイラスト

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の設置基準として、各居室の床面積は原則として25㎡以上が必要です。
ただし、リビングや食堂、台所など高齢者が利用できる共用スペースが十分に確保されている場合には18平米以上あれば問題ないとされています。
設備基準として各居室には原則として台所・水洗便所・収納設備・洗面設備・浴室を備えなければなりません。ただし、共用できる台所や浴場、共用の収納設備を備えることで、各居室に備える場合と同等以上の居住環境が確保される場合は、各居室に台所・浴室・収納設備は備えなくてもかまいません。
なお、例外適用が認められる台所とは、居室のあるフロアごとに入居者が共用できるコンロやシンク、調理台を備えた調理施設をいいます。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

施設内は必ずバリアフリー構造でなくてはいけません。

共用の収納設備に関しては、施錠可能でプライバシーが保てる個別の収納設備を戸数と同数以上備えなければなりません。
フロアごとに共用の浴室を設置できない場合には、高齢者の移動に配慮したエレベーターを備えなければなりません。
なお、デイサービスセンター等が同一建物内に併設されていて、その浴室を時間外に利用できる場合でも、サ高住内に1人分の浴室の確保が必要です。
また、設備基準として居室や共用部分がバリアフリー構造であることも必須となります。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]