サ高住の運営は条件をクリアし認可が必要です

サ高住の認可についてのイラスト
サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は高齢者向けの住宅として必要とされる建物上の構造とサービスを兼ね備えていることを各都道府県や政令市などに認可されなければ運営することができません。高齢者住まい法によって定められている基準に従って、ハード、ソフト両面で高齢者が安心して暮らせる環境が求められています。サ高住の建物上の構造では、まず基準となるのが入居者一人あたりが利用できる床面積の広さです。原則専用部分25㎡以上で、共有部分の一人あたりが利用できる広さが十分に取れる場合には住居部分は18㎡以上となっています。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

詳しくは専用部分と共有部分を合わせた広さが25㎡以上、もしくは居間と食堂の面積の一人あたりの広さが0.9㎡以上が基準となります。また、バリアフリー構造で共用の台所などへ行く際のエレベーターの設置なども必要です。つまり健康で自律的な生活を贈る高齢者がのびのびと生活できる空間が必要であるということです。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

サ高住として認可を受けるには必須となるサービスがあります

サ高住のサービス面では、基本的なサービスである安否確認と生活相談サービスの二つが最低でも必要となります。介護サービスの職員や医師、看護師、介護福祉士などのケアの専門家が日中建物内に常駐していることとなります。安全で健康的な生活が送れるためのサービスです。また、高齢者の安定的な住居の提供を基本としており、契約内容もそれに応じた形で厳しく基準が定められています。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]