居室の基準とは

サービス付き高齢者向け住宅における居室面積の基準についてのイラスト

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)では居室面積について基準が設定されています。これを守らないと、サ高住として認められません。居室の専用床面積は原則として25m2以上必要です。
居室に設置すべきものも定められており、原則としてキッチン、水洗トイレ、洗面設備と浴室、収納がなければなりません。また、居室は段差をつけず、車いすでも利用しやすい廊下幅や手すりの設置などバリアフリー構造であることも求められます。ただし、居室面積には例外が設けられています。
サ高住の共用施設として食堂や大広間など高齢者が快適に過ごせるスペースが十分に確保されている場合には居室面積は18m2以上でよいと定められています。
また、住宅設備についても、共同の食堂や共同の浴場、収納設備が用意される場合には、各居室には必ずしもキッチンと浴室、収納設備は設けなくてもいいとされています。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

居室に関する基準を表で詳しく解説。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

最多居室面積

 

居室面積は18平方メートルから25平方メートルの間が圧倒的に多く、6割以上を占める

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]