超高齢社会にむけてのサ高住の課題

サ高住での経営課題についてのイラスト
サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は2011年の高齢者住まい法によって生まれ、新しい高齢者の住まいとしてスタートしました。サ高住の件数も順調に増え続けており、今後も国の推進を後押しに増えていくことになるでしょう。また、今後は超高齢社会として日本ではより多くの高齢者が安心して暮らせる住居を必要とするはずです。そんな追い風とともにあるようなサ高住ですが、これからの経営に関しては注意が必要な課題もあります。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

サ高住は老人ホームなどの老人介護施設とは違い、基準となるサービスや設備を備えていることだけが条件となっています。しかし、多くのサ高住では入居者の多くが充実した介護サービスを必要としており、それぞれのサ高住で特色あるサービスが展開されています。今後はさらに数が増えていくため、よりサービス内容の充実と特化が求められることになるでしょう。食事提供サービスは義務付けられてはいませんが、ほとんどのサ高住では必須のサービスとなっているのが現状です。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

経営手腕が問われるサ高住運営

サ高住の課題としては収益を上げて健全な経営ができるかという点についても若干の不安があります。快適な住居としての基準は老人ホームなどと比較すると広さや居室内の設備面の確保が必要となり、サ高住を建てる時にはより多くの費用がかかることになります。また、共有部分やスタッフルームなどの設置によって居室の戸数にも限りができて、十分な入居者を確保できないケースも出てきます。こうした面をクリアして経営をするためには建設費用や運営費を抑える手腕や経営リスクを抑えつつも魅力あるサ高住のシステムを展開できる工夫が求められます。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]