補助金申請に必要な需要予測説明書

サービス付き高齢者向け住宅の需要予測説明書の作成についてのイラスト

平成26年度からサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)建設にあたっての補助金申請において、需要予測説明書の提出が必要となりました。
需要予測説明書の構成と内容は任意ですが、標題に需要予測説明書である旨を明示しなければなりません。
内容としては、補助金申請事業を利用してサ高住を整備する建設地において、需要予測に見合い、高齢者の入居を見込める事業計画であることの説明が求められます。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

需要予測説明書に必要な記載事項

具体的にはその建設地での今後の高齢者人口や増減傾向・将来推計や要介護認定者数、要支援認定者数などの分析や、その地域でのサ高住や介護施設等の建設動向を分析した結果などを書きます。
また、建設地周辺に病院や散歩コースがあるなど高齢者の生活利便性に富んだ地域であるといったことを記します。
その結果として、高齢者のための住宅や介護施設の供給がまだ不足しており、将来的にも需要が見込めることや、計画しているサ高住が既存施設等と差別化が図れ、地域における競争力があり、開業後も安定収入が入るだけの入居が見込まれることなどを記載します。
なお、記述内容に虚偽がない限り、結論としての需要の多寡は補助金の可否に影響しません。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]