サ高住では安否確認と生活相談が主な業務内容です。

サービス付き高齢者向け住宅での業務内容についてのイラスト

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)で働く場合、入居者全員の毎日の安否確認と生活支援が主な仕事です。起床後、朝食の介助から一日がスタートします。

安否確認のスタイルはサ高住によって異なりますが、共同の食堂が設けられ、そこで三食をとることが基本のサ高住では食堂に来たかでチェックが行えます。

一方、食堂がないケースでは各居室への訪問によってチェックを行います。

食堂での食事提供サービスがある場合には、各食事の前の準備や配膳、また、生活支援サービスとして

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

食事の介助も提供している場合には介助業務を行います。

その後、食事の後片付けを行い、共用施設等の清掃や整理に務めます。

この間に体操や散歩等、入居者の軽い運動の見守りや介助を行うこともあります。

昼食の後は外出支援を行ったり、入居者の趣味や談話等の自由時間を設け、その見守りをします。

夕方の入浴時には、一人で入浴できない入居者の介助をします。

夕食後、就寝時間までは基本的に入居者は自室で過ごすため、食事の片付けや清掃が主な業務です。

この点、各居室に介護が必要な方が入居していても、基本的には特養や老人ホームなどのように日常の介護業務を行う必要はありません。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

介護サービスは個別に契約した事業者が

介護等のサービスが必要な場合、各入居者が個別に契約した事業者からサービスを受けるようになっているからです。ただし、訪問介護事業所や訪問ナースステーションなどを併設するサ高住の場合、職員がサ高住の常駐職員と併設事業所の業務内容を兼務しているケースもあります。

この場合には、安否確認や生活支援サービスのほかに、日中や夜間に各々の入居者との間で取り交わされた契約に基づき介護サービスなどを行います。

サ高住としての生活支援サービスとしては、買い物代行や病院への付き添いなどがあり、食事の時間以外にこうした業務を行うこともあります。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]