サ高住は必須サービスがついた賃貸住宅

サービス付き高齢者向け住宅は高齢者向けの賃貸住宅ですについてのイラスト

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は入居者が限定された賃貸住宅で、60歳以上の高齢者または介護認定を受けている方とその配偶者が入居できます。
あくまで賃貸住宅ですので、基本的にはプライベート空間が確保され、どのような生活を送るかも自由です。
ただし、高齢者が安心して暮らせるよう、高齢者ケアのプロによる毎日の安否確認サービスがつき、生活支援や生活相談を受けることができます。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

介護や生活のサポートが必要になった場合

介護や生活のサポートが必要になったときには、各自が自ら選択して介護事業者や訪問看護などのサービスを利用することができます。
自宅での生活とほぼ同等の自由度を保ちながら、高齢者限定の共同住宅で暮らし、急に具合が悪くなった時や孤独死などの不安を抱えずに済む住宅ということができるでしょう。
中にはサ高住を老人ホームと勘違いされる方もいますが、両者は異なります。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

老人ホームにも介護付きや元気な高齢者のみの施設と様々ありますが、生活スケジュールが一律に組まれていたり、自由な外出ができない、入居費用が高いなどの側面があります。
充実のケアが受けられるメリットもある一方、自由度が低くるので、その方の考え方やお体の状態により、どのような施設がご自分にあった施設かを検討する必要があるでしょう。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]