サ高住でも認知症受け入れ可能施設が登場している

サービス付き高齢者向け住宅で転倒などの恐れがある方でも入居できる?についてのイラスト

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は24時間常時ケアがある特養などとは異なり、それぞれがプライベートな生活空間や時間を維持しながら、必要に応じて訪問介護や訪問看護、通所サービスなどを利用するスタイルが基本です。
そのため、サ高住によっては訪問介護や訪問看護などのサービスを利用ながらも、自立した生活を送れる間は暮らすことができるものの、介護度が重度になったり認知症が重くなるなど、自立した生活が困難になったり、ご自身の生命に危険がある状況になった場合、

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

第三者への迷惑行為等のリスクが高まった場合には退去しなければならず、しっかりケアが受けられる施設への移転を勧められる場合も少なくありません。
ただし、すべてのサ高住で認知症の方は受け入れないというわけではなく、認知症の方でも状態によって相談可というサ高住も登場しています。サ高住では少なくとも日中はケアの専門家が常駐して見守りサービスを提供する必要がありますが、認知症の方も受け入れる施設では24時間スタッフが常駐しており、きめ細やかなサービスが提供できる訪問看護ステーションや居宅介護支援事業所が併設されているケースがほとんどです。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

まとめ

入居契約の時には、万が一の転倒事故でも施設側に過失や故意がない限り、責任が取れないといった約定を交わすケースが一般的です。
万が一、転倒事故が発生してしまった場合にはスタッフによる緊急対応、救急病院や併設のクリニックで身体チェックがなされます。
このように各施設により対応状況は様々ですが、転倒などの恐れがある方でも入居ができるサ高住もあります。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]