終活とは?

終活の始め方についてのイラスト
終活とは人生の終わりを自分らしくするための活動のことです。始まりは平成21年に週刊朝日が使ったことにより、葬儀や墓をどのようにするかという活動方法として広まりました。現在ではそれだけに留まらず、それまでの期間をどう過ごすのかという解釈としても着目されています。自分が死ぬことなんて考えられない、葬儀や墓のことを考えるなんて不謹慎という風評が今まではありました。しかし、現在はそのような活動を通し自分の死を考える機会を作ることができ、改めてそれまでの生き方や考え方を見直すチャンスを得ている人も増えています。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

なぜ終活が広まってきたのか?

終活が受け入れられるようになったのは自分の死を見つめる意味だけではありません。その背景には高齢化社会でこれから直面する方が増えること、一人暮らしの高齢者が増加し、孤独死の問題があること、子どもの減少により負担をかけたくないという思いなどが関係してます。

終活の始め方

どのようなやり方でも良く、自分なりに死ぬまでのことを見つめなおすだけでも違います。やり方がわからない方は市販されているエンディングノートを活用するとやりやすいでしょう。死ぬまでやりたいこと、自分の葬儀や墓への希望、残された家族への思い、財産分与など好きなことを書き込みます。このノートは自分のためでもありますし、残された家族にとっても良い思い出の品と変わります。

中には自分で葬儀会社へ足を運び、自分のお葬式の詳細まで決めてしまう方もいるようです。葬儀費用や墓の代金などを生前に支払えるところも増えており、予め決めておくことで残された家族の負担が軽くなり、自分の好きなように進められるメリットがあります。
死を意識することで自分の荷物をまとめ、いらない物は捨てて身軽になる方法もあります。今では残された家族が遺品整理に追われる現状も問題となっているため、生前のうちに進めておくことで作業がしやすくなります。物が減り身軽になれば現在の生活が豊かになったり、旅行など趣味を楽しめる可能性も出てくるといえます。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

エンディングノートに書きたいこと

自分に万が一のことがあるかもしれない年齢になれば、それを意識しておくと後で後悔しない日々が過ごせます。もしかしたら認知症や寝たきりで家族に思いを伝えることができないかもしれません。それらを書いておくのがエンディングノートです。終末医療、お葬式や墓、家族へのメッセージと3つの内容を書く人が多くなっています。このノートを預けるサービスも登場しており、自分が死んだ際には適切な対応をしてもらうことができます。

終活」という言葉を知っていましたか?

「終活」という言葉を知っていましたか?についてのグラフ

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]