サ高住に入居する際に知っておきたい事

サービス付き高齢者向け住宅でショートステイ(短期入所)は可能か?についてのイラスト

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)はプライベート性を保った高齢者限定の賃貸住宅で、介護サービスは入居者が自由に選択して利用できることを基本にしています。サ高住によってはデイサービスや訪問介護事業所などを併設しており、そのサービスを利用してもいいですし、それ以外のサービスを使ってもかまいません。

気を付けたいのは住宅への入居と介護サービスが必ずしも連動せず、セットにはなっていないことです。入居すれば介護サービスを受けられる、とわけではないということです。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

ショートステイ希望の方は施設に確認を

サ高住でのショートステイをご検討の場合、介護が必要な方は、その点を十分理解し、必要なサービスを受けられるように準備を整える必要があります。基本的には長期の入所を前提とした住まいですが、まずは、ショートステイが可能かを施設に確認しましょう。

日ごろ在宅介護で訪問介護や訪問看護サービスを利用されているという場合は、メリットを感じやすいのがサ高住のショートステイです。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

家族が冠婚葬祭や旅行などで家を空ける間、サ高住なら日ごろのサービスをそのまま利用することが可能となります。短期の入所で馴染みのない方からサービスを受けるより、高齢者にとっては安心です。

日ごろの費用のほか、サ高住を利用するための保証金や日ごとの料金がかかりますので事前に確認しましょう。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]