サ高住での洗濯機の設置場所について

サ高住での洗濯機の利用についてのイラスト毎日の洗濯が習慣となっている女性の高齢者の方などに多いのが、「自分の居室で洗濯をしたい」という希望です。サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)での洗濯機の利用に関しては、居室に洗濯機置場が設置されている場合と、共用設備として洗濯機が設置されている場合とがあります。

従って、自身の洗濯機を利用したいという方は、洗濯機を設置することができる居室のあるサ高住を選ばなければなりません。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

自分の洗濯機が置けないサ高住では、共用設備の洗濯機を使用することになりますが、いつでも自由に洗濯することができる施設もあれば、コインランドリー方式で、使用の都度お金を支払うというシステムを採用しているところもあります。

まとめ

洗濯を頻繁にする方も多いですので、一回はわずかな金額でも、一月分でそれなりに大きな金額になってしまうこともあります。意外と見逃しがちな部分ですので、快適な生活を送るためにも、入居を検討する際にはこういった細かな点もよくチェックしておくようにしましょう。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]