サ高住の中でも独自の入居条件がある施設もあります。

サ高住に入居する対象者とは?についてのイラストサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、簡単に言うと「安否確認・生活相談が付いたバリアフリー構造の高齢者住宅」です。従って、入居の対象となるのは、高齢者ということになります。詳しくその基準を説明していくと、まず年齢が60歳以上の高齢者、または介護保険法に規定する要介護認定もしくは要支援認定を受けている60歳未満の方は入居基準を満たしています。ただし条件を満たしていても、入居が可能かどうかは施設によっても異なりますので、入居を検討している施設に問い

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

合わせてみてください。
特別養護老人ホームへの入居待機のため、一時的にサ高住を利用する方もいるようです。
また、基本的にサ高住は、自立した生活が営める方や、比較的軽度の要介護レベルである方を対象としており、認知症を持つ方については対応していないところが多くなっています。
ただし、施設によって対応の範囲は異なり、なかには重度疾病を抱える高齢者でも受け入れ可能なところもありますので、諦めてしまう前に一度確認をしてみてください。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]