サ高住に入居する際はしっかりと確認が必要

サ高住の入居契約書の内容についてのイラスト
サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の入居契約書には、一般のアパートやマンションなどと同じような賃貸契約とともに、サ高住ならではの介護サービスや食事提供のオプションなどの決まりが記載されます。サ高住では安否確認サービスと生活相談サービスが必ずついていなければならないものですが、それがどのように受けられるのか、またその他のサービスの有無、その料金体系などをしっかりと把握しておく必要があります。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

入居契約書の注意点

サ高住の賃貸契約は、普通または終身契約となります。高齢者向けということで入院時やもしもの時の退去にかかる費用負担、保証人の責任などについては入居契約書には必ず記載されており、しっかりと確認しておく必要があります。入居者本人だけでなく保証人となる人や家族も一緒に確認することが大切です。入居時に前払金を支払う形式の場合には、途中で退去する時の返金額に関するシステムも重要です。退去までの期間によって大きく返金額が変わることがあります。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

この他にもおむつ代や買い物代行、水道光熱費を含めた共益費などの細かい費用の支払いも多くなります。こうした契約では後々のトラブルを避けるためにも金銭に関する項目は最優先でチェックして納得した上で契約することが必要です。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]