サ高住のイベント開催は施設によって異なる?

サービス付き高齢者向け住宅入居後のイベントについてのイラスト

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は基本的には個々のライフスタイルや生活を重視した施設が多く、イベントの開催頻度は施設によって異なりますが、様々なイベントが開催されています。
もちろん、サ高住によってはプライベート重視で、イベントへの参加は個人の選択に任せる施設もありますが、何かしら入居者同士の交流ができる機会が設けられている施設が多く見られます。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

高齢になると身体能力が低下して、動くのが億劫になったり、部屋に引きこもりがちになってしまう方も少なくありません。
ですが、体を毎日動かし、人と会う機会や話す機会の多い人ほど元気に長生きでき、認知症になるリスクも小さいと言われています。イベントが開催される場合には、多少気が進まなくても積極的に参加することで、脳や体が活性化し、いつまでも元気に過ごせます。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

サ高住でよく行われるイベントは?

サ高住の主なイベントとしては、季節の行事が代表的です。春には花見、夏には七夕や夏祭り、秋には紅葉狩り、冬にはクリスマスやお正月、節分などがあります。

サ高住には共有スペースが設けられていることが多いので、そこに集まって開催したり、バスをチャーターしてお花見や日帰り旅行を楽しむこともあります。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]