サ高住の行事に参加で介護や認知症予防を

サービス付き高齢者向け住宅の行事とはどういった物がある?についてのイラスト

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)では入居者向けに様々な行事を開催し、参加を呼びかけ、入居者同士の交流を深めたり、老後の生活を楽しくしたり、介護や認知症の予防の働きかけをしています。
介護や認知症を予防するには、人との交流や体を積極的に動かすこと、外部から刺激を受けることが不可欠といわれており、サ高住で行われる様々な行事に参加するのは、入居者の健康や生活の質を維持するうえでも大切なことなのです。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

サ高住の行事とは?

どのような行事があるかといえば、代表的なのは季節に合わせたものです。
高齢者の中には日本の伝統的な行事を重んじる人も多いですし、季節を感じるイベントはサ高住で暮らしていく上で生活や時節のメリハリにもつながります。
春にはお花見を行い、近隣を散策したり、バスを利用して日帰りで花見を行うところもあります。
夏には七夕の飾りつけをみんなで行い、歌をうたったり、七夕にちなんだお弁当などをいただきます。
秋には敬老の日やお月見、紅葉狩りなどが行われています。
冬にはクリスマス、お正月、節分、桃の節句とつながっていきます。
それぞれ職員が工夫をこらしたり、地域の方やご家族の参加を呼びかけたり、ボランティア団体のサポートを得てレクリエーションや晴れの日の特別食などが提供されます

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]