見学の際のチェックポイントは?

介護施設を見学するときのチェックポイントは?についてのイラスト
サービス付き高齢者向け住宅など介護施設への入居を考えている方は、事前に施設の見学をするようにしましょう。入居を急がす施設も中にはあるため、後で後悔したくないものです。チェックする場合は本人だけでなく家族も同行し、客観的に判断できる人も一緒に連れて行くことがポイントです。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

まずは電話でチェック

具体的に見学したい施設を見つけたら、最初に電話をかけましょう。事前に予約が必要な施設なのか確認するだけでなく、施設職員の対応をチェックするためでもあります。電話をかけたときの応対でケアの質を判断できます。急に見学の申し出をする人に対し嫌な態度をする場合は注意が必要です。受付は施設の顔ともいえるため、電話対応の良し悪しで施設管理者の考え方がわかります。電話対応が悪ければ介護職員の教育体制が整っておらず、トラブルに巻き込まれる可能性もあります。

見学当日にチェックすること

見学当日は施設の清潔さや綺麗さに目がいきがちですが、見た目の良さだけにとらわれずスタッフ1人1人を注意深くチェックしましょう。スタッフと入居者の関係が上手くいっている施設では、いつでも笑顔や会話が見られるものです。大抵訪問した人たちにスタッフの方達は良い対応をしてくれますが、教育体制が整わない場合は介護職員と入居者とのコミュニケーションが少ないことが多くなっています。

費用について確認しよう

入居費用は要介護度により異なります。大まかな費用はパンフレットやホームページにも記載されていますが、具体的な費用を事前に聞いておいたほうが安心です。入居時の費用、月々かかる別途費用、要介護度が変更した場合の費用などです。追加費用は冷暖房がシーズン別に加算となることがあります。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

個別に質問しておきたいこと

施設のことはこちら側から積極的に聞かないと聞き出せないこともあります。見学でわからないこと、パンフレットに書かれていないことは積極的に聞くことをおすすめします。夜勤対応の人数、職員の性別や勤続年数、協力病院はどこか、外出の対応、施設行事について、入居はすぐ可能かなどです。年齢が高い方の場合は病気になった際にどこまで介護が可能なのか、施設内での看取りは可能なのかなども聞いておきたい点です。

事前の情報収集もおすすめ

近年は介護施設の数が増えてきているため、選択肢はたくさんあります。事前に介護施設の情報サイトにて情報収集しておくと、施設選びに時間がかかりすぎません。Sakouju noteでは全国のサ高住物件情報が掲載してありますので、納得がいくまで調べておくようにしましょう。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]