サ高住で安否確認は必須サービスです。

サ高住での安否確認についてのイラスト高齢者の方々にとって、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)での生活における安否確認は必須のサービスです。万一のトラブルや体調不良などの際に即座に対応してもらうためには、安否確認への体制がしっかり整っているサ高住を選ぶようにしてください。
安否確認の方法については、施設によって異なります。もっとも一般的な内容を挙げると、「毎朝決まった時間にインターホンによる声掛け、あるいは訪問」「夜間に目視による確認」「夜間に呼吸を確認」「毎食時のたびに確認」などがあります。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

これらはスタッフによる安否確認となりますが、この他にも施設のシステムを利用した確認方法もあります。「感知センサーによる安否の確認」「電気やガスの使用状況による確認」「設置カメラによる確認(本人了承の場合)」などです。
ただし先述したとおり、施設によって採用されている確認方法は大きく異なりますので、入居前にどのような安否確認を行っているかを、細かく聞いておくようにしましょう。

入居者の状態把握・見守りの方法

特定施設、非特定施設ともに安否確認の方法は居室訪問が最も多い。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

サ高住での安否確認の方法として、居室訪問や緊急通報コールが採用されている場合が多い。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]