サ高住の共益費は高めの設定が多い?

サ高住での共益費についてのイラストサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)で生活をしていくためには、家賃の他にも共益費や光熱費など様々な費用が毎月必要になります。この中でも共益費に関しては、サ高住の場合高めの設定であることが多くなっています。これは、サ高住には施設内に常設されている、共用スペースの広さが影響しています。食堂やラウンジ、入浴施設などがその一例です。
共益費の金額は当然施設ごとに異なりますが、高くなるほどその分様々な設備等が充実すると考えて良いでしょう。一般的には、2~3万円程度のところが多いようです。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

まとめ

ただ、サ高住のパンフレット等を見ると分かるのですが、入浴施設一つとっても、露天風呂やサウナなどが用意されていたり、食堂のメニューが非常に豊富であったりと、暮らしをより快適にしてくれるようなサービスが充実していることもあり、一概に高いとも言い切れません。自分にとって必用だと思われる設備が整ったサ高住を選ぶようにすると、料金に対する満足度も高くなります。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

共益費の月額料金

 

特定施設の方が共益費が4万円以上と高額な場合が多い。
サ高住の共益費の相場に関しては1万円から3万円が約8割を占める。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]