介護保険を利用する際まずはどこへ行けばいいのか

自分が、家族が。要介護認定が必要だと感じたら実際どこに相談に行ってどうゆう流れになるのか、わからない方がほとんどだと思います。身近に同じ経験をされた方がいる場合は少しは知識があったりもしますが、そこまで詳しくわからないという方も多いのではないでしょうか。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

「市区町村の窓口へ」よく聞く言葉ですが、では実際に介護保険を利用するにはどのように相談すればいいのでしょうか。

介護保険適用までの流れ

市区町村の窓口

介護保険の利用方法についてのイラスト
前述のとおり、要介護認定が必要だと感じたらまずはお住まいの地域の市区町村の窓口、または地域包括支援センターに相談に行きます。体調などで本人がいけない場合でも大丈夫です。家族や親せき、民生委員が代行するケースもあります。要介護認定を受けるためにはまず市区町村の窓口に行かない事には先に進めないのです。
市区町村の窓口にて、現在の状況や困っていること、今後の事など窓口の職員が丁寧に聞いてくれます。今のありのままの状況を包み隠さずお話していただければ大丈夫です。

訪問調査

窓口にて申請を行ったあと数日後に、市区町村の職員が自宅や施設などに直接訪問してくれます。今の心身の状態や生活の状況などを調査します。そしてかかりつけの病院があるなら市区町村の職員が「主治医の意見書」を直接依頼してくれます。申請者は特になにもしなくて大丈夫です。

第一次判定

訪問調査時の調査票と、主治医の意見書がそろったら第一次判定に進みます。ここでは、数値によりコンピューターで判断されます。この一次判定のままの最終判定がでる方が多いようです。

第二次判定

一次判定の結果と主治医意見書を基に、「介護認定審査会」という会議に上げられ専門家の人たちが話し合い最終的な判断がおります。ここで要介護となるか要支援となるか、または介護が必要ないとみなされるかと結論がでます。

認定と通知

介護認定審査会の結果は、お住まいの地域の市区町村の役場より本人に封書にて通知されます。
申請を行ってから最終的な認定が通知されるまでおおよそ1カ月程度かかります。しかし、そこまで待っていられないような切羽詰まった状況の方もちろん沢山いると思います。そんな方は「暫定」にて介護サービスを受ける事ができます。

介護サービスを受けるには、ケアマネージャーの作成したケアプランがないと受ける事ができません。どこに頼んだらいいのかわからない方も沢山いると思います。その場合はお住まいの地域の市区町村に相談していただければいくつか紹介してくれます。
そしてケアマネージャーが暫定でケアプランを作成してくれるのでそのケアプランに沿った介護サービスを受ける事ができるのです。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

暫定での介護サービスを受ける際の注意点

ケアマネージャーが暫定でケアプランを作成についてのイラスト
介護認定が確定しない状態で介護を受ける場合、予想と違った要介護認定が下りることもあります。その場合の差額などは実費での負担となります。
短い間とはいえ、介護保険適用されると1割2割で済むはずの利用料が8割9割も合わせて支払う事になってしまうため、市区町村の職員やケアマネージャーによく相談した上でご利用されることをお勧めします。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]