サ高住とケア付き高齢者受託はよく似ている?

サ高住とケア付き高齢者住宅の違いについてのイラストサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)と非常に良く似た形態の施設として、ケア付き高齢者住宅というものがあります。サ高住と同様に、高齢者の体の負担などを考慮した、快適な生活を送るための設備等を取り入れた高齢者住宅となっており、一般的には60歳以上の高齢者を入居対象者としています。主に地方自治体や社会福祉法人などによって運営されているケースが多く、万一の健康トラブル等に備えて各部屋に緊急通報放置を設置していたり、介護ヘルパーの常駐施設を併設していたりする

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

のが特徴のひとつです。
ケア付き高齢者住宅で提供されるサービスについては、特別な定め等はありませんので、各施設によってかなりの差異があります。ただし、「ケア付き」と名前に付いていることからも分かるように、ヘルパー等による生活支援が基本的に付随していますので、一人での生活に不安を感じている方にとってはかなり有用です。

ケア付き高齢者住宅では軽度の要介護者が対象

ただし、ケア付き高齢者住宅は、比較的軽度の要介護者までしか対応していないことがほとんどです。そのため、健常者の方は問題ありませんが、要介護レベルの高い方の場合は入居を断られてしまいます。また、入居中に介護レベルが高くなってしまったときは、他の介護施設への転居を求められる場合もあることを覚えておきましょう。この点は、サ高住と大きく異なる点です。
その他、施設によっては入居の際に敷金や礼金に加えて、入居一時金が必要となる場合もあります。現在は、高齢者住まい法改正に伴って創設された、サ高住への移行が進んでいる状況です。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]