日本税金って高いな、と感じたことはありませんか?

他の国と比較した時に日本よりも税金が高い国もありますが、高い分社会保障などがしっかりとされていれば、高くても仕方がないと考えませんか?

日本で最近、ふるさと納税が盛んに言われています。
自分自身の生まれ故郷や応援したい自治体に納税すると所得税や住民税の負担を軽くすることができるということで利用している人が増加しています。

こうした仕組みをうまく使い、節税を図ることが必要な時代になってきています。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

日本の税制とは

税金が高い日本!様々な点においての「節税」が大事!?についてのイラスト
日本の税金の高さは世界の中でもトップクラスです。

2015年のデータによると日本は正解の中で2番目に税金が高い国とされています。
少し意外なような気がしますが、実は知らず知らずのうちに高い税金を納めているのです。

一言で税と言っても消費税といった日常生活に大きく関わるものの他に、法人が支払う法人税が約38%、所得税が15%~50%、給与税は約25%となっています。
給与をもらった時の明細書を見てみると意外と税金で控除されていることが分かりますよ。

2014年には消費税が8%に増税されました。

しかし賃金がその分上がったということではなく、消費者側の負担が多くなったというのが現状です。

賢く節税を

節税をすると言われてもピンと来ないですよね。
しかし近頃、「ふるさと納税」というものが盛んに聞かれるようになりました。

ふるさと納税は自分の生まれ故郷や応援したい自治体に納税することです。
ふるさと納税をすることで所得税や住民税を節税することができます。

その魅力はやはりその納税先の自治体の名産品などの返礼品ではないでしょうか。
節税しながら名産品ももらえるのであれば利用してみる価値はありますよね。

他にも節税の方法があるのですが、優遇されるのは収入が多い富裕層のことが多いです。

またタックスヘイブンと言われる問題がありましたが、富裕層の節税方法があっても一般的な収入の場合の節税の方法はなかなかないのが現状です。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

まとめ

本来税金は収入が多い富裕層から多めに取り、収入が少ない貧困層へ再配分するのが基本的な考え方なのですが、実際は先述しましたが富裕層にとっての節税方法が多くあるというのが現状です。

そのため税金によって生活が苦しい、という方も多くなっています。
また今後消費税の増税も予定されていますのでさらに生活が苦しくなってしまうケースも増加するでしょう。

そうしたことをしっかりと知り、国としての対策を掲げて欲しいと思います。



2017年5月28日 17:00

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]