平成24年の介護保険改正時に新たな介護サービスとして創設されたのが定期巡回・随時対応型訪問介護看護です。

1日に複数回の介護や看護による訪問に加えて利用者からコールがあった場合、随時対応するサービスで

、自宅でも介護を受けながら安心して生活をするという地域包括ケアシステムの中の1つとして開始されています。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護とは

24時間365日、随時訪問可能な在宅介護サービスって?についてのイラスト
1日に複数回の定期的な訪問を行い、更に利用者からのコールがあった場合に随時訪問するというシステムがこの定期巡回・随時対応型訪問介護看護です。

平成24年の介護保険改正時に地域包括ケアシステムの中の1つとして創設されました。


このシステムの特徴は24時間365日対応していることが特徴です。
また

介護と看護が連携して対応をしている
ということもポイントになります。


自宅で介護を受けながら生活をしている場合でも、安心して生活ができるようにとこのシステムができました。

そして介護施設に入所している時のように24時間365日必要な時に介護や看護が訪問してくれるため、在宅生活でも不安が解消されるようになっています。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護で行われるサービス

この定期巡回・随時対応型訪問介護看護では、介護と看護が24時間365日対応しています。

また定期的な訪問を介護と看護どちらも複数回利用できるようになっています。


そしてコールをするとオペレーターと呼ばれるスタッフに繋がります。
このオペレーターは一定の経験を積んだスタッフであるため、適切な判断を行うことができます。
必要時には介護に関するアドバイスをすることもできます。


また、今まで利用していたデイサービスも併用することができるんですよ。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護を上手に取り入れるには

中度~重度の要介護者向けの介護サービスとして創設された定期巡回・随時対応型訪問介護看護。

介護サービスを利用する回数が多く、

自己負担が多くなってしまうといった方に向いている
とされています。1か月定額の料金設定になっていますので費用負担が少し軽減されるかもしれません。


「自分が訪問時間外だけれどもどうしても不安になる時間がある・・・」などの、不安がある場合はサービス事業者側にきちんと伝えることが大切です。

できるか・できないか、の問題ではなく、伝えることで、サービスを提供する側も意識するようになり、柔軟に対応してくれる場合もあります。

まとめ

2025年の団塊世代が後期高齢者になることを踏まえて地域包括ケアシステムの構築が進められています。その中で先駆けて創設されたのが定期巡回・随時対応型訪問介護看護です。


これは介護を受けながら在宅生活を送る場合の不安解消、介護負担の軽減にもなるのではないでしょうか。
しかしまだ定期巡回・随時対応型訪問介護看護を行っているサービス提供事業者が少ないのが現状です。

また料金のことや重度の要介護者で24時間のサポートが必要な場合についてなど検討事項は多く残っています。


この定期巡回・随時対応型訪問介護看護がこれからの地域包括ケアの成功事例になればいいなと感じています。



2016年6月20日 12:00