今、介護業界では腰痛緩和の取り組みとしてノーリフトケアというものが注目されています。


ノーリフトケアとは持ち上げない介護のことを表します。




介護職の多くは腰痛があります。介護の職業病と言っても過言ではないでしょう。

その腰痛が原因で介護の仕事を続けることができず、離職してしまう人も少なくありません。

このノーリフトケアはその腰痛に対して普及していきたいものです。

ノーリフトケアとは

腰痛緩和に期待できるノーリフトケア!についてのイラスト
ノーリフトケアとは持ち上げない介護のことを指します。

看護でも同じようにノーリフトケアに取り組んでいます。

どちらの仕事でも腰に負担がかかる移動や移乗の介助があるため腰痛は頻繁に起きています。


そしてノーリフトケアに欠かせないものがリフトの機械です。
この機械では利用者の立ち上がりを支援し、今まで人力で行っていた立ち上がりや移動の介助を手助けしてくれるのです。

そのおかげで腰への負担が減り、腰痛の改善や予防になるのです。

今までの介護では…

今まで車いすからベッドなどの移動・移乗と呼ばれる介助の時には1人に対して介護者1人ないし2人で介護を行っていました。
2人で行えればそれほど負担は大きくないのですが、1人で行った場合、相手の体重がかかってくることや中腰での姿勢になるため腰への負担はとても大きいものになります。


また介護職は慢性的な人材不足であり、2人で介護できないことも多々あります。

このようなことが重なり合い、慢性的な腰痛が発生しひどくなると仕事の継続すらできなくなってしまうのです。

まとめ

このノーリフトケアという考え方。
今後介護業界や看護の中で広く周知されることでとても有意なものになるでしょう。


腰痛の改善や予防ができることで腰痛による離職を防ぐことができます。
また1人でも安全に移動ができるようになるため、人手を取られなくて済みます。


利用者にとっては機械を使うことに対し不安が出ることもあるでしょう。
その際にはしっかりと説明をし、近くで見守るなどの対応をすることで少し緩和されるのではないでしょうか。


このように普及することでメリットもあるのですが、機械が高価であるというデメリットも存在します。
1台当たり30万~70万程度するそうです。決して安くはないのですが、導入することで介護職や看護職の腰痛が緩和・予防され、離職が減る。また利用者にとっても安全に移動ができることを踏まえて値段以上の価値はありそうです。


これから普及が進めばもしかしたらもっと廉価版の機械が開発されるかもしれません。



2016年7月10日 15:00