火傷けがの時にどのように応急処置をしたらいいのか迷いませんか?
火傷やけがの程度や受傷した原因などでも処置の方法は変わってきます。



また適切な処置を行わないと傷跡が残ってしまう、傷が化膿してしまうなどのトラブルになることもあります。

火傷をした時の処置は?

火傷や怪我の応急処置は?専門家に学び知識をつける!についてのイラスト
火傷をした時にまず流水で患部を十分に冷やします。また衣類を着ている部位の火傷であれば脱ぐことなくすぐに流水で冷やしてください。

衣服を脱がせよう・脱ごうとするとその衣服と共に火傷をした部位の皮膚もはがれてしまう危険があるためです。


そして火傷の治療で注目されているのは湿潤療法です。

今でも行われている火傷の治療では患部を消毒し、軟膏を塗布、ガーゼで保護するというものです。

しかしこの方法ではガーゼをはがす際に再生してきた皮膚がガーゼに張り付いてしまい一緒にはがれてしまうという危険があります。


湿潤療法では患部を乾燥させないようにする治療方法です。火傷をした時に患部から浸出液が出てくることがありますよね。

その浸出液は火傷を治すために必要なものであるため、その浸出液が乾燥しないように患部に軟膏などを塗布し被覆材を使用し保護します。

その被覆材は家庭用ラップや紙おむつなどでも代用可能です。

けがをした時の処置は?

子供が外で遊んでいる時に転んで擦り傷ができた、包丁を使っている時に誤って指先を切ってしまったなど日常生活の中でよくあるけが。

けがでも火傷と同じように適切な処置をしなければけがの跡が残る、感染してしまうなどのリスクがあります。


けがをした時にはまず水道水でよく洗浄しましょう。
特に外でけがをした時には周りに砂などが付着しています。

この砂などをよく流しておかないと感染の原因となってしまいますので注意が必要です。


そして出血している時には止血をします。
止血ができたら被覆材にて保護します。

市販でも被覆材は薬局などで取り扱っています。

受診することも大切

軽いやけどやけがだと思って放っておくと重症だったということもあります。

切り傷程度であればよく洗って被覆材で保護するだけでも良いのですが、不潔なものなどでのけがは早めに受診をしましょう。


またやけどの場合は流水で冷やした後にすぐに受診するのをお勧めします。
特に範囲が広い時、水ぶくれができている時は医師の治療によって火傷の跡を残さずに治癒させることができます。


湿潤療法は痛みを軽減してくれるものでもあるそうです。
しかし自己判断だけで行うのではなく湿潤療法を行っている病院へ受診することをお勧めします。



2016年8月29日 9:00