「うがいは効果がない」という発表をした医師がいます。
今まで風邪を引かないようにするためにうがいや手洗いをしなさいとうるさく言われていたような気がします。




しかし実はこのうがい薬使ったうがいと普通の水でうがいをした場合、うがいをしなかった場合の風の発症率についての研究を行った医師がいます。

結果はうがいをしなくてもしても特に発症に大きな差がなかったというものでした。

うがいをする効果

うがい薬に効果はない?実験結果から読み解くについてのイラスト
子供の頃、「風邪を引かないようにうがいをしなさい」と言われたことがありませんか?

そして独特の匂いや味があるうがい薬を使っていた人も多いと思います。


うがい薬には口腔内の殺菌ができ、風邪予防にもなるという効果を謳っているものがほとんどですが、特に大きな差がなかったという結果になっています。


そしてうがいをするならこれですると効果的と言われているものがありました。

それは緑茶です。
緑茶に含まれている「カテキン」といわれる成分には殺菌効果があり

口腔内やのどの殺菌もでき、感染予防のみならず虫歯予防にも効果的です。

うがいよりも手洗いをしっかりと

うがいと並んで手洗いも子供の頃から言われていることです。
手洗いは風邪などを予防する効果があります。外出から帰ってきてすぐに手洗いをするのが効果的です。


外出すると外にいる病原菌などが手に付着します。
その手で目や鼻を触る、物を食べるという行為をすることにより
粘膜から病原菌が身体の中に侵入していきます。

その結果風邪などを引くことになるのです。


また外出した後だけではなく食事などを食べる際、ごみなどの不潔なものを触った後などにも手洗いをするように心がけます。


厚生労働省のホームページには詳しい手洗いの方法が載っています。
それを洗面台などに貼り、皆が洗い残しのないようにできたらいいですよね。

まとめ

記事を作成するにあたって、うがいを積極的にしているのは日本くらいであるという驚きの情報も発見しました!日本のドラマのワンシーンではすく見かけますけど、確かに海外ドラマでは見ないですもんね。

うがい薬の独特な味やにおいが苦手なひとも多いと思います。
でも緑茶なら抵抗なく出来る方も多いのではないでしょうか?

ぜひ、みなさんも機会があれば試してみて下さいね!