今回は静岡県長泉町の高齢者への交通機関への支援のご紹介です。
高齢者や障害者の外出には、不便と共に
費用の心配もありました。



静岡県東部に営業のバスとタクシー会社と協力する事での支援が行われます。
全国各地でも高齢者や障害者への支援の輪が広がっています。

高齢者タクシー・バス利用助成事業

高齢者の外出を支援し「タクシー・バス券」配布するについてのイラスト
今回ご紹介しますのは、長泉町にお住まいの高齢者(75歳以上)の方を対象する「タクシー・バス利用券(5千円分)」
を毎年配布する支援です。長泉の町役場で受け付けする事でチケットがいただけるのです。


このタクシー・バス利用券は50枚つづりで100円券が1冊になっています。利用料金に応じその場で切り取り使います。


その際には本人確認出来るものを乗務員に提示しなければなりません。利用機関は今年末となります。(繰越不可です)
「高齢者の自立した生活の支援につながってほしい」と町長は交通業界の協力に感謝を述べました。

福祉タクシーと介護タクシー

福祉タクシー

身体障害者の方が外出する際に利用すること為のタクシーで、福祉車両となります。

このタクシーを利用する際の補助目的で、料金の一部を割引したりする制度があり、市町村が負担するところもあります。
それが「身体障害者の為にできたタクシー」です。こちらは介護保険適用ではありません。
そしてこのタクシーを「福祉タクシー」と命名したのです。

また、この
福祉タクシーは、高齢者には対象になりません。


介護タクシー

こちらは、介護が必要な方のためのタクシーですサービスです。

2種類あり「介護保険介護タクシー」は介護保険を使用して利用可能です。
「介護タクシー」は現金などで精算する
という形態があります。



障害者の外出を助けようと、小平市・茅ヶ崎市・札幌市・横浜市…など沢山の自治体と協力して
タクシーの補助券などの
取り組みが行われています。
全国でこうした取り組みが進んで、高齢者や障害者に安心できる地域が生まれる事は
とても喜ばしい事ですね。 



福岡市の例をご紹介します。


「地下鉄・バス・電車等の乗車料金を助成する」
というものです。

高齢者乗車券

70 歳以上で介護保険料所得段階区分が1~5の人は,年額 12,000 円

介護保険料所得段階区分が6・7の人は年額 8,000 円(ただし,福祉乗車券対象者を除く)


福祉乗車券

70 歳以上の障がい者等,年額 12,000 円




また①と②の利用方法は、1枚500円のタクシー助成券のつづりを交付します。

交付を受けた本人のみ、1回の乗車で1枚使用できるというものです。

まとめ

高齢者や障害者の健康増進には、引きこもっていてはダメなんです。積極的に外出する事が大事です。

どうしても高齢者は外出が億劫になったり、ましてやタクシーを使う事には躊躇なさいます。

しかし、外出するということは
社会とかかわりをもち、脳への刺激がたくさんあります。
認知症予防にも効果的なのです。



「高齢者の社会参画が増えるように協力したい」と長泉町バス事業者は語られています。

また長泉町では「高齢者支援を重点プロジェクト」を提唱しています。


地域で楽しく暮らすには、交通手段は欠くことのできない問題です。
事業者と自治体で協力して支援してくださる事が
ひいては介護予防にも繋がる事ですね。