サラリーマンの妻の主婦の働き方には、いろいろと問題があります。

収入増やすことだけを考えるとパートでも目いっぱい働けばいいと思うと、税金面で大きな落とし穴があります。

新たな「106万円の壁」

主婦が収入を増やすためにパート!でも、注意しておきたい点も!についてのイラスト
10月までは、「103万円の壁」と「130万円の壁」がありました。



「103万円の壁」は妻の収入が103万円を超えると、夫の配偶者控除が使えなくなる壁。


「130万円の壁」は夫の扶養から外れて、国民年金や国民健康保険の保険料を自分で支払わなければならない社会保障の壁の2つがありました。



この10月からは新たな「106万円の壁」ができるのです。



これは、従業員501人以上の企業で働くパートは、

・勤務時間週20時間以上

・年収106万円以上(賃金が月88000円以上)

・1年以上勤務

の3つの条件が当てはまると、会社の社会保険、厚生年金に加入しなければならないのです。



加入要件が以前より拡大されたのです。

つまりパートでも社会保険、厚生年金加入で手取り収入が減ることになるのです。

負担が増える人、減る人

パート勤務の場合、手取り金額ばかり目が行きがちですが、自分の負担はどうなってしまうのでしょうか?

サラリーマンの妻で年収103万円以上130万円未満の場合、健康保険料、厚生年金料を支払わなければならないので、負担は増えます。



自営業の妻やシングルマザーの場合、自分で払っていた国民年金、国民健康保険料は会社から折半された社会保険、厚生年金に代わるので負担は減ります。



このように、それぞれの場合によって、負担の増減は変わってくるのです。

まとめ

確かに子育て中では、わずかでも負担が大きくなることは日々の生活にとって大きな問題となります。


今の負担を減らすため、働く時間を少なくする方法もあるでしょう。

しかし、自分たちが高齢になったときに生活も考えてみて下さい。

子供たちへの負担を大きくするわけにはいかないのではないでしょうか?



老後の自分たちへの準備のため、社会保障料を支払うことも考えていてはどうでしょうか?



2016年9月15日 9:00