主婦の中で「プチ勤務」が注目されています。

プチ勤務とは週1~2日、1~3時間程度の働き方をすることを意味していますが、負担が少ないため高齢者でも働けるものが多くあります。
特に飲食業でプチ勤務できる人を募集していることが多いようです。
また介護でも募集しています。

働くことで得られるのはお金だけではありません。
やりがいも得られると主婦や高齢者からも好評ですので、一度検討してみてはいかがでしょうか?

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

プチ勤務が注目されている


主婦層に注目されているプチ勤務。

最低勤務日数が1~2日、最低勤務時間が1~3時間程度の働き方です。
パート勤務だと週3回以上、一日当たり4時間以上の勤務がほとんどですので、子育て中の方などが働きにくいものです。

しかしこのプチ勤務では子育ての合間でもできるということもあり、雇用側も注目しています。
例えば飲食系では昼食時の忙しい時だけという勤務での求人を出しているところがあります。
介護系では週に1回1時間程度でもOKとし、食事配膳などの資格がなくてもできる仕事での求人をしています。

 こうした働き方は主婦層だけではなく、高齢者にも適していると考えられますがどうでしょうか?

プチ勤務でお金もやりがいも得られる

プチ勤務という負担が少ない働き方では、主婦層のみならず高齢者にとっても働きやすい形です。
そして働くことで得られるメリットもあります。

まずは収入が得られます。

フルタイムよりは収入が少ないですが、おこずかいや生活費の足しになります。
またお金を得ることで「人の役に立てた」というやりがいにもつながりますよね。

また家に籠りきりになるよりは短時間でも外出して働くということで得られるものもあります。
人の役に立っているというやりがいも当然ですが、働くことにより社会とのつながりを得て、それが家族のために頑張ろうという気持ちにもつながります。

こうした気持ちを得られるのもプチ勤務のメリットです。
短時間で負担なく働くことができるので気になる方は検索してみてはいかがでしょうか?

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

まとめ

家事や子育ての合間に働きたいという主婦層とのマッチングができたのがこのプチ勤務です。
主婦層のみならず定年退職をした後の高齢者でも負担なく働くことができるため、社会とのつながりを得るための方法としてもおすすめです。

プチ勤務をするメリットを知ることで働いてみようかなと思った方もいるのではないでしょうか?
様々な業種がプチ勤務できる人を募集していますので興味がある分野でのお試し勤務として働いてみるのもいいかもしれません。



2017年11月19日 17:00

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]