孤立世帯」「孤独死」と聞けば、高齢者のことをイメージされる方が多いでしょう。

しかし、この孤立は高齢者だけの問題ではないのです。

若い世代にも友人がいても、悩みすら相談できない孤立の危機にさらされている人もいるのです。

また男性にその傾向が強いそうです。職場以外に居場所のない人はどのようなタイプなのでしょうか?

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

高齢者だけの問題ではない孤立

職場や日常生活での孤立、孤独。高齢者ではなく若い世代にも問題が!についてのイラスト
「孤立」が日本の社会で注目を集めています。


この孤立といえば、「独り身で無職の高齢者の問題」とイメージされる方が多いのではないでしょうか。

しかし、そうではないのです。若い世代にも孤立が問題になりつつあるのです。

家族がいることは孤立を防ぐ手段です。

しかし、不安定な不正規雇用のため、結婚できない、しない若者は少なくないのです。

そのような若者は社会との接点を失いやすく、孤立してしまいやすいのです。

男性に強い孤立の傾向

年齢を問わず、困ったときに助けを求められないために孤立してしまう傾向があります。

これは、女性よりも男性に多い傾向です。


男性は女性よりも助けが必要な状況に追い込まれても、他者の助けを求めることができず、孤立を深めていくようです。

ある調査によると、困ったときの相談相手も女性は家族・友人と相談することができるのですが、男性は家族や友人に相談するとしている割合が女性よりも少なくなっています。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

男らしさの代償

日本には、力強さを主とした「男らしさ」のイメージがあります。


男は弱みをみせてはいけない、感情を表に出してはいけない、我慢しなければいけないといった「男らしさ」のイメージが助けを求めにくくしているようです。

悩みがあって相談することによって、弱い男とみなされ、信頼を失ってしまうことがあるのです。
その信頼を失うことへの不安が、悩みを相談することを躊躇させてしまうのです。

まとめ

何か状況を変えていかなければ、孤立問題は解消できないままです。

相談できないことによって孤立してしまうのであれば、人の悩みを聞くことから始めるのはどうでしょうか?

男らしさにしばられて、自分らしさを失ったうえに孤立してしまうのは、危険なことです。


人と触れ合い、相談の共同体を広げていくことで、孤立の危険を和らげていくことから始めてはどうでしょうか?

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]