インターネットが普及したことで、その気になれば自分の欲しい情報をすぐに調べることができる便利な時代になりました。口コミの情報や無料の相談サイトは、困ったときに参考にしている方も多いはずです。

しかし、そんな口コミサイトが、実は「やらせ」であったり、「ステルスマーケティング(ステマ)」であったりすることをご存知だったでしょうか?

[ad#adsense]

ステルスマーケティングとは?

ステルスマーケティングとは、消費者に気づかれないように宣伝を行うマーケティング手法の一つで、省略した「ステマ」と言われることもあります。

ステルスマーケティングは、実際には企業から金銭を受け取っているにも関わらず、表向きは中立的な立場での批評を装ったりその商品とは利害関係のない一個人の感想を装ったりして行われるので、宣伝行為とは気づかれ難い面のです。

インターネット上では、商品をより多くのユーザーの目に触れさせ商品に対する印象を上げるために、「ブログでの使用体験記」「口コミ情報」「ショッピングサイトでのユーザー評価の投稿欄レビュー」などが利用される傾向にあります。

宣伝であること、広告であることを意図的に隠して行われるマーケティング手法なので、消費者を騙している側面もあることから、国によっては法律により規制されています。また、発覚した場合は逆に信用を失う危険性があることから、リスクが高いマーケティング手法といえるでしょう。

歯科情報サイトに蔓延るステマ

ステルスマーケティングが行われている業界は広く、医療サービスでも頻繁に見られます。

無料の歯科治療相談サイトで、疑問や質問に親切に答えてくれる先生がいたら、多くの方は信用してしまうのではないでしょうか。

過去、無料相談サイトのはずなのに、歯科医師の回答内容をその歯科医師のHPに転載するサービスが行われており、検索順位を上げるとともに第三者を装い患者を誘導して治療を勧めていました。

これもステルスマーケティングの一種で、正しい情報を求める患者の心理に付け込んで、不要な治療や高額治療を勧めていたのです。

[ad#adsense]

サイトに連動しているステマに注意

治療の相談サイトだけでなく、実は予約サイトと連動した口コミにも「やらせ」が横行しているのです。

どの歯科医院を利用しようか迷っているとき、待ち時間の長さや治療内容を調べるために、口コミを利用する方も多いと思います。

しかし、予約するだけのサイトのはずなのに、やらせの口コミで患者を誘引している場合が少なくないので、サイトを利用する場合は注意してください。

まとめ

インターネットが普及した現在、何かものを調べる場合多くの方がネット検索した情報を参考にしています。

ステマは、口コミや評判を偽装することで商品への興味を誘い、最終的には利益につなげようとする行為です。

正確な情報を求める消費者を、倫理観に欠ける売り手側が騙していることになるため、業界、事業者、消費者にとっても何もメリットもありません。また、ステマ行為が発覚すれば信用が失墜するため、売り手側にとってもリスクが高いマーケティングといえます。

一時的な利益に惑わされず継続的にサービスを利用してもらえるよう、信頼される関係性を作り上げることが、将来的な利益を生み出すのではないでしょうか。

[ad#adsense]