0%

老人ホーム・介護施設を探すなら

入居相談窓口 受付時間9:00~19:00

0120-907-393

「デュピュイトラン拘縮」指のあたりにしこりはありませんか?
日本人の死亡原因は、男女ともに「がん」が一位です。

国立がん研究センターの最新情報によると、がんによる死亡数が多い部位は男性の場合「肺」「胃」「大腸」「肝臓」「膵臓」の順で多くなっています。また女性の場合は、一位から「大腸」「肺」「膵臓」「胃」「乳房」となっています。男女合わせると最多が肺がんとなっており、これは喫煙の影響も大いに考えられる結果となっています。

がん保険やがん検診はTVCMなどで頻繁に見かけるので、多くの方がその重要さを理解しているのではないでしょうか。

がん発症のリスク

がんは「悪性腫瘍」「悪性新生物」とも呼ばれる、周囲の組織に転移する腫瘍のことです。

日本人の2人に1人は何らかのがんを患うといわれており、誰もがなる可能性のある身近な病気といえます。

発症の原因はさまざまで、喫煙や飲酒、日常の食生活などが発症のリスクを高める要因になります。特にがんのなかでも死亡率が高い肺がんのリスクを高める原因が「喫煙」です。たばこは肺がん以外にもさまざまながんの発症リスクを高めることが科学的に解明されており、がんを患った人のうち、男性30%、女性5%の原因がたばこといわれています。

がんを完全に防ぐことはできません。しかし、禁煙や運動、食生活の見直しといったがんのリスクを減らすことで予防することは可能です。
がんの診断や治療などの研究が進んだ現在、一部のがんは早期治療が可能となりました。定期的ながん検診により早期発見ができれば、高い確率で完治が期待できるのです。

がん検診のメリットとデメリット

がん検診の重要さは理解していただけたでしょう。

定期的な検診により、完全に防ぐ手立てがないがんを早い段階で見つけ、治療できるというのは何よりのメリットといえます。しかし、がん検診には大きなメリットがある一方、デメリットも存在するのです。
下記にがん検診のメリットとデメリットをそれぞれご紹介します。検診後、「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、正しく理解した上で検診に臨みましょう。

メリット

がん検診のメリットは、言うまでもなく「がんの早期発見」に尽きるでしょう。

早期発見できるということは早期治療にもつながるので、結果として完治の確率が飛躍的に上がります。がんの発症率を考えると、やはりこのメリットはとても絶大です。また検診を通してがん以外の病気も見つけられる可能性があり、がん以外の病気の早期治療が期待できる点もメリットといえます。

デメリット

デメリットは大きく「身体への負担」「判定・診断ミス」の2つです。
身体への負担は検査の方法に起因しています。

少ない割合ではあるものの、内視鏡検査で内蔵が傷つくケースが報告されており、X線検査では極めて低い確率で被爆の危険があります。

判定・診断ミスは、大きく「見逃し(偽陰性)」「不要な治療・検査(過剰診断・偽陽性)」の2点。検査は人間の目視で行われるため、写真や画像によっては見逃してしまうことがあります(偽陰性)。逆に、がんではないものをがんと見間違えてしまうことも(偽陽性)。治療の必要がないほど小さながんが見つかった場合でも、治療してしまうこともあります(過剰診断)。

がん検診へのAI導入

現在、がん検診へのAI導入が検討されています。

上述したように、がん検診ではレントゲンやCTを人間の目で確認しているため、100%正しい判断ができるわけではありません。そこで、AIが注目されました。近年話題となり、さまざまな業種への導入が期待されるAIですが、医療業界への利用もその内のひとつになります。

AIは情報処理の速度と正確性に優れ、学習したデータから共通点を見つけることが得意なので、治療や投薬、画像診断といった場面では、熟練した人間以上の活躍が期待できるのです。
AIを導入することで、がん検診の精度は飛躍的に上がり、これまで以上の早期発見・早期治療が実現できるでしょう。

これからのがん検査

がんの治療は「早期発見・早期治療」が大原則です。

完全に防ぐ手立てがなく誰もがなる可能性がある以上、予防よりも対処が求められる病気です。これから先、AIの導入をはじめ、血液検査によるがん検査など、新しい技術が採用されることで、安心安全にがん検査を受けられるようになるでしょう。

現在、インターネットの普及により誰もが情報を得ることができる時代になりました。しかし、情報が簡単に得られるようになった反面、情報の真偽や鮮度など、質の高い情報を得ることは難しいといえます
そんな時は、ぜひ専門家にご相談ください。

セカンドオピニオンを活用するなど、信頼できる病院、医師を見つけることができれば、不安なくがんのリスクと付き合っていくことができるでしょう。

おすすめの介護施設・老人ホーム

東京都>練馬区

ライフコミューン豊島園

介護付有料老人ホーム

初期費用
0300万円
月額費用
18.6223.62万円
施設詳細

東京都>葛飾区

ライフコミューン亀有

介護付有料老人ホーム

初期費用
0960万円
月額費用
19.4646.96万円
施設詳細

東京都>板橋区

ライフコミューン上板橋

介護付有料老人ホーム

初期費用
0720万円
月額費用
19.5629.56万円
施設詳細

東京都>葛飾区

ライフコミューン新小岩

介護付有料老人ホーム

初期費用
0300万円
月額費用
17.8425.96万円
施設詳細

東京都>江戸川区

ライフコミューン西葛西

介護付有料老人ホーム

初期費用
0960万円
月額費用
18.9643.98万円
施設詳細

東京都>練馬区

ライフコミューン石神井公園

介護付有料老人ホーム

初期費用
0576万円
月額費用
17.3447.58万円
施設詳細

東京都>新宿区

株式会社 木下の介護 リアンレーヴ高田馬場

介護付有料老人ホーム

初期費用
0684万円
月額費用
19.98558.78万円
施設詳細

東京都>江戸川区

リアンレーヴ江戸川

介護付有料老人ホーム

初期費用
0300万円
月額費用
20.9625.96万円
施設詳細

東京都>江戸川区

木下の介護 リアンレーヴ西葛西

介護付有料老人ホーム

初期費用
0281.6万円
月額費用
21.5328.15万円
施設詳細

東京都>練馬区

リアンレーヴ大泉学園

介護付有料老人ホーム

初期費用
0720万円
月額費用
19.9629.96万円
施設詳細

東京都>板橋区

リアンレーヴ板橋蓮根

介護付有料老人ホーム

初期費用
0480万円
月額費用
18.4626.46万円
施設詳細

東京都>板橋区

応援家族 成増

介護付有料老人ホーム

初期費用
0720万円
月額費用
19.5429.54万円
施設詳細

東京都>足立区

応援家族足立

介護付有料老人ホーム

初期費用
0576万円
月額費用
14.09622.096万円
施設詳細

東京都>江東区

応援家族 東京ベイ潮見

介護付有料老人ホーム

初期費用
0960万円
月額費用
19.92948.038万円
施設詳細

東京都>杉並区

ライフコミューン杉並松庵

介護付有料老人ホーム

初期費用
0960万円
月額費用
24.7649.68万円
施設詳細

東京都>大田区

リアンレーヴ大森

介護付有料老人ホーム

初期費用
0300万円
月額費用
23.3428.35万円
施設詳細

東京都>小平市

ライフコミューン一橋学園

介護付有料老人ホーム

初期費用
0960万円
月額費用
22.9649.98万円
施設詳細

東京都>三鷹市

ライフコミューン深大寺

介護付有料老人ホーム

初期費用
0960万円
月額費用
19.7245.66万円
施設詳細

東京都>立川市

応援家族 昭和記念公園

介護付有料老人ホーム

初期費用
0960万円
月額費用
20.53838.901万円
施設詳細

東京都>目黒区

リアンレーヴ八雲

介護付有料老人ホーム

初期費用
0880万円
月額費用
32.4173.36万円
施設詳細

掲載物件数40,229
2020/08/06/現在