現代の生活に欠かせないものとなっているのが、携帯電話やスマートフォンです。便利なものなのですが、使い方やその契約システムは高齢者にとっては、わかりにくいものになっています。その点を悪用した営業活動によるトラブルが多発していることがわかってきました。

[ad#adsense]

高齢者の携帯電話についての相談が増加

全国の消費生活センターなどに高齢者からの携帯電話・スマートフォンの契約・解約などの相談が増加しています。その内容は「スマートフォンの契約に行ったのに、その場で説明しているうちに、必要のないタブレットの契約までしてしまっていた」「違約金がかからない月に解約したのに、その月の料金が日割りになっていた」という契約・解約に関する相談、「スマートフォンを使いたくて、契約したけどうまく使いこなせない」「スマートフォンの通話を切り忘れていたことに気づかず、通話料金が高額になってしまった」など利用時のトラブルです。これらの相談は全国で年間約2万件以上となっています。

高齢者の狙った営業活動

携帯電話やスマートフォンは、現代の生活では連絡や情報収集には、欠かせないものです。統計では一人1台以上のものを持っている普及率です。そのため、携帯電話やスマートフォンの契約数は頭打ち状態になっています。マーケティングを広げるため、年代的にまだ普及率が低めのシニア層をターゲットにした携帯電和の営活動が行われているのが現状です。そのため、分かりやすいCMなどの広告で高齢者にも使いやすいものとうたったスマートフォンやタブレットも多数販売しています。

[ad#adsense]

シニアにはわかりにくい料金プラン

利用するものであれば、できるだけ料金を抑えたいと思うのが人の常です。さまざまなオプションを付属することでお得感を出していたり、便利さを強調されていたりすると、シニア世代の方は「そうかな……」と十分内容を理解しないままに、契約を進めていることが多いです。また、スマートフォンやタブレットも目の前で簡単そうに使いこなして説明されると、自分もそのように使えると思い込み、契約したけれど、思うように使いこなせないなどという例も多数あります。

まとめ

携帯電話やスマートフォンなどの利用プランはさまざまなものがあり、どれが自分に合っているものか高齢者は十分に認識しないまま、契約してしまっていることに大きな問題があります。本当に必要な契約なのか契約内容を十分に認識できるような説明をすることが販売店などの事業者に求められていることです。

[ad#adsense]