ペットがいるご家庭の災害時の備え、どのような物品を準備していますか?

ペットがいるということで他の家庭より準備するものが多くなるのかもしれません。

また避難時にペットを入れるゲージなども必要になるため、必要なものを厳選して準備をしておかないと知らず知らずのうちに多くなり過ぎてしまうかもしれません。

ペット同伴での避難はどんな感じ!?

災害時の備え、ペットがいる場合どんな物品があればいい?についてのイラスト
豪雨に襲われ、避難勧告が出た地域にて実際にペット同伴で避難した方のケースを見ていきます。

あるご家庭では犬や猫、インコなどのペットと暮らしていました。
その避難の際にはゲージにペットたちを入れて車の中で一晩過ごしたそうです。

念のための避難だったため特に混乱はしなかったとのことでしたが、避難後に改めて避難時の持ち出し品を確認したそうです。

まずゲージに関しては折りたたんで収納できるもポータブルキャリーに変更しました。
このポータブルキャリーは折りたたんだキャリー以外にも水やフード、トイレ用品などを一緒に収納しておくことができるものです。

他にも必要な新聞紙などをセットにして車の中、玄関先などすぐに持ち出しが可能なところに置いているとのことです。

ペットと飼い主が安全に避難できるようにしておく

一緒に暮らしているペットが何頭いるのか、どのような種類のペットがいるのかで避難する時の状況や持ち出すものが変わってきます。
そのため自分のペットに合った準備をしておくことが必要になります。

また先述したポータブルキャリーのようなものを準備する他に、洗濯の時に使うネットが活用できるとのことです。

ジッパー式のものよりもひもで縛るものの方がスムーズにペットを保護することができるということなので準備する避難グッズの中に入れてみてはいかがでしょうか。

こうしたペット専用グッズだけではなく他のもので代用できるものを見つけておくことも安全に避難するために必要なことと言えます。

まとめ

ペットと暮らすときには地震や水害などの災害があった際に一緒に避難できるか、ペットの命を守ることができるかということも考えておかなければなりません。

東日本大震災の時にはペットと一緒に避難できずに悲しい思いをした方がたくさんいます。

東日本大震災の場合は原発事故の関係もあり特殊なのかもしれませんが、どのような災害が起こったとしても家族はもちろん家族と同様のペットが安全に避難できるように準備をしておくことが求められるのではないでしょうか。



2016年12月2日 9:00