大きな被害をもたらした東日本大震災。その中でも津波による被害は甚大なものでした。
そして日本は海に囲まれている国であり、地震も多く起こる地域です。

そのため、災害に対しての備えを備えておかなければなりません。

今後起こると言われている南海トラフ巨大地震に備え、ビル型の避難所を作る自治体があります。避難者の中には高齢者や障害を持つ人もいるため寒さなどをしのぐことができる施設の建設を決めたそうです。

地震時の高齢者や障害を持つ人の立場

サ高住の避難訓練の必要性

地震などの自然災害はいつ起こるか予想ができません。そして起こった時には皆自分の命を守るために必死になり余裕がなくなります。

その時に高齢者や障害を持つ人に対して避難誘導や救助、支援が遅くなり命を落としてしまうことも少なくありません。
高齢者や障害を持つ人はどうしても社会的に弱者として見られてしまいます。地震などの災害時はさらに弱者になってしまいます。

災害から命を守るには普段から地域の人との関わりを持つこと、避難ルートを理解し実際に歩いて移動してみることなどが挙げられます。普段から意識して行動をしていることで実際に災害にあった時に速やかに避難することができるのです。
そして私たちもお年寄りや障害を持つ人が困っている時に手助けできるように準備をしておかなければなりません。

災害から命を守るために普段から準備をしておこう

いつ災害は起こるか分かりません。予想もできません。

しかし日ごろから災害に対して準備や心構えをしておくだけでもいざとなった時に動きが違ってきます。
まず、防災用品の確認を定期的に行いましょう。非常食の賞味期限もしっかり確認しておきます。もし期限が切れそうなものがあったら家族で災害時を想定して作って食べてみるというシミュレーションをしてみましょう。楽しみながら心構えができますね。

そして避難ルートの確認と家族の連絡先の確認もします。避難ルートは実際に移動してみます。どこが危険な箇所になりそうかなどを考えながら移動します。
また災害が起こる時間はいつかわからないので家族がバラバラになった時の連絡先などを決めておきます。
災害時は形態での連絡が難しくなるのでどこの避難所に集合というように決めても良いのかもしれません。

「災害は忘れたころにやってくる」という言葉を聞きますが、普段からしっかりと準備をしておき、避難がスムーズにできるように対策しておきましょう。自分の命を守ることができるのは自分です。