高齢者の交通事故多発により「高齢ドライバーによる悲惨な事故や被害者を減らす」という目的で、改正道路交通法により平成29年度3月に施行されました。

「75歳以上のドライバーの認知機能検査を強化」するという改正道路交通法です。この法案により、高齢者の「運転免許返納」や「運転免許の取り消し処分」が増加しています。

しかし、高齢者の認知症にはさまざまな症状があります。それをひとくくりにし、免許更新の判断をするという方法には問題点もあります。

確かに高齢者には「注意力」や「判断力」の低下は共通して起こりますので、交通事故のリスクは高くなるでしょう。しかし安全に運転できる人と、障害が認められなくても安全な運転が難しい人もいます。
「認知症」=「運転不適合」ではなく、認知症だけで自動車の運転を判断するというのは、高齢者の行動範囲を狭め、生活への不便を著しく増進するという問題も否めません。

[ad#adsense]

高齢者の交通事故の原因

高齢者が引き起こす交通事故の原因として考えられるのは、

①注意力の低下
②集中力の低下
③とっさの判断力の低下

といった運動能力や危険回避力が低下するのが一番の原因でしょう。そして「私は長い間事故もなく車を運転してきた」と思う高齢者の、自分の運転に対する過信が大きな原因となっているという側面もあります。

技術的な面で言えば、事故で一番多いことは「アクセルとブレーキを踏み間違え」です。これも判断力と運動能力の低下が原因です。国民の高齢化がすすみ、少子高齢化がますます深刻となっています。ドライバーの全体のなかでの高齢者の割合が増えたことも原因です。

また、先ほども「アクセルとブレーキを踏み間違え」の原因の事故が一番多いとお話ししましたが、この事故はAT(オートマチックトランスミッション)車が一般化したことにより起こるようになりました。
現代ではこのシステムが一般的で、アクセルさえ踏みこめは発信します。以前の車では、ギアを手動で変更するというギアチェンジが講習での一番の問題点でした。高齢者の人たちも、免許試験で一番苦労した点でしょう。

それが「アクセルを踏めば簡単に車が動く」という便利になったことが、危険性という弊害を生んだともいえます。

車はどんどん進化し、自動運転の車も開発されていますが、機械を過信することなく安全確認が最重要ということは忘れてはいけない一番大切なことです。

[ad#adsense]

高齢者の交通手段への配慮

交通事故の回避の為に「高齢者から免許を取り上げる!」というだけでは、高齢者への生活に対する配慮に欠けています。
運転免許証を返納した後の生活も、今まで通りに出来るようにする行政の「おもいやり」はまだまだ不十分です。

そのため、多少の無理は承知でも車の運転を余儀なくされている方もいます。高齢者の事故のリスクだけを考え、免許証を取り上げるということは高齢者を切り捨てるという行為に他ならないでしょう。

高齢者とともに住みよい環境の整備には、もっと視点を変えて考えていく必要があります。

[ad#adsense]