ご家族が介護保険のサービスを始めるときの施設選び…簡単なことではありませんよね。

施設といえば「老人ホーム」という方も少なくないでしょう。



ではその「老人ホーム」の選び方はどのように考えればいいのでしょうか?
注目すべきポイントは?

「老人ホーム」が介護施設?

「老人ホームの後悔しない選び方!注目するべきポイントは?についてのイラスト

そもそも「老人ホーム」という総称は誤っています。

特別養護老人ホームや有料老人ホーム、そしてSakouju noteでもご紹介しているサービス付き高齢者向け住宅など、介護施設は様々に存在しているのです。

それぞれには費用や介護サービス、その他にも様々な特徴があるのですが、
介護施設を選ぶ際に重要なポイントを見ていきましょう。


まず、それぞれの施設によってかかる費用はさまざま。

介護サービスを利用する方の

必要な介護サービスの量によっても内容が異なってきます。

よく勘違いがあるのは「介護保険を利用すれば、施設の家賃も負担してくれるんじゃないの?」ということです。

介護保険は介護サービス等、介護に必要なサービスやモノに対して支給されるものですから、施設の利用料までは支給されません。


施設への入居を考える際は、まず費用面でしっかり検討してみましょう。

重要!サービスは理解できている?

「老人ホーム」であれば介護サービスは付いている、そうお考えの方も少なくないでしょう。

しかし、住宅型老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅だと、介護サービスは外部の介護サービス提供事業者と別途契約する必要がある施設も存在します。

老人ホームであれば必ず介護してくれる、そう思っていると必要以上に費用を負担しないといけない場合もありますので、しっかりと考えてから施設を選択しなければなりません。

まとめ

上記のポイントを見てみると気がつく方もいらっしゃるでしょう。

老人ホームや介護施設の正しい選び方は、

知らないことからくる勘違いを起こさないということが最も重要なポイントなのです。



「こんなに介護サービスは必要じゃなかったのに…」「結果的にサ高住の方が費用が安かった…」など、なにもわからないまま進めてしまうと、ご家族の方ももちろん、何よりご本人が一番後悔してしまうかもしれません。

なかなか知る機会も少ない介護施設や老人ホームの選び方ですが、現在ではインターネットなどでたくさん知識をつけることができるようになっています。

まずは調べてから、選んでみてはいかがでしょうか?



2016年8月8日 19:00