老後貯蓄がどれくらい必要なのかということについては誰もが気になるところではないでしょうか。
その人の生活水準によって老後に向けての貯蓄は変わってきますが、夫婦であれば3000万円、1人であれば1500万円とされています。



これは年金収入が月22万円あることを想定しての貯蓄額であるため、年金収入が22万円以下の場合にはもっと貯蓄を増やす必要がありそうです。

老後の生活費と年金の関係

老後の貯蓄っていくら必要だと思いますか?についてのイラスト
老後の生活を考えると不安になる…という人は少なくないでしょう。

今現在定年間近の世代であればそれほど不安を持っていないかもしれませんが、若い人たちに関しては年金の支給など経済的に不安を持っている人が多いと考えられます。


老後の貯蓄に関しては持ち家なのかどうか、会社員なのか自営業なのかなどの生活環境によっても変動してきます。

一般的なサラリーマンと専業主婦のケースでは

年金は月に22万円程度の支給になります。

そして同じケースでの生活費は22万円と計算されていますので、年金で生活することが可能と言えます。

老後のための貯蓄について

上記で年金を22万円程度支給されれば生活できるということをお伝えしました。

しかし高齢者が最も心配するのは介護費用や医療費のことではないかと考えます。

確かに大きな病気をして入院をすることになった、手術をすることになった場合には医療費がかかってしまいます。
高額の医療費がかかった時の支払いを心配する人もいるかと思いますが、高額療養費制度というものを利用すると収入に応じて決められた上限までの自己負担で済みます。


同時に介護が必要になった場合でも介護保険制度を利用することで要介護度に応じて決められている限度額内であれば1割負担でサービス提供を受けることができるため、一般的にはそれほど不安材料にならないような気がします。


しかし特別養護老人ホームなどに入所できず待機老人になってしまった場合に民間の有料老人ホームに入居することを検討しているのであれば貯蓄は必要不可欠です。

民間の有料老人ホームでは一時金の他月々の諸費用も20万円前後必要になります。

そうすると年金収入だけでは難しい状態になります。

若い時から貯蓄をしていこう

元気に生活している間は年金収入だけでも生活できるのですが、もし病気になってしまった時や介護が必要になってしまった時には年金だけで生活できない状態になるかもしれません。


そうした時に困らないように若い時から少しずつ貯蓄をしていくようにしましょう。

老後に必要とされている1500万円を30年後までに貯蓄していくには月に2万円、ボーナス時に5万円で年間34万円を貯蓄する必要があります。


この額であれば頑張れそうですよね。
老後、安心して生活するためにも今から老後資金の貯蓄を視野に入れて生活をしてみませんか?



2016年9月24日 15:00