老後貧困について、ワイドショーなどでもさまざまな討論が繰り広げられていることもあるので
みなさんもなんとなく聞き覚えのある言葉だと思います。


高齢者を狙って高額商品を買わせようとする悪質詐欺や

、ひったくりなど高齢者は加齢による身体機能の低下や社会的弱者ということもあり非常に狙われやすいのです。


まずは被害にあわないようにすることが、老後貧困にならないための第一歩なのです。

「65歳」がタイムリミット

老後貧困 65歳までに知っておきたいお金の知恵についてのイラスト

「老後貧困」に陥らないための学習や
準備のリミットは、65歳と考えられています。平均寿命が伸びている現状では、65歳はまだまだ若いと思われています。

定年退職されている方も多いですが、まだまだ現役でバリバリと働いている方も少なくないのです。

しかし、そんな65歳でも老後貧困にならないためのスタートには、ギリギリのところなのです。

なぜ、65歳なのか?

65歳は、定年を迎え、老齢基礎年金を受けられる年齢です。

そのうえ、介護保険制度を受けられる最年少の年齢なのです。いろんな制度を受けられるようになるのですが、なんの準備もないと、いざというときにどうしていいのかわからなくなってしまうのです。

そのため、65歳までには老後の金銭計画を考えていてほしいのです。

まずは管理することが大切

健康管理はとても大切です。
どんなにお金があっても、健康だけはお金では買えません。

認知症予防や生活習慣病にならないよう、食事など生活習慣の見直しはとても大切です。
そのうえで、お金の管理もしていくことが大切です。現在所有している財産の把握や将来もらえる年金額など、家族の分も含めて計算してみましょう。

そして、貯蓄を始めましょう。
病気の治療も福祉サービスをうけるにもお金がないと受けられないからです。そして、子供や親戚・知人など老後の生活を支えてくれる自分より年下の
頼れる人を見つけましょう。

高額な買い物をするとき、施設に入所しなければならないときなど、人生の終わりに大きな判断をしなければならないときに、相談できるようにしておきましょう。

年齢を重ねていくと、思わぬところでの判断力が鈍ってくることもあります。

まとめ

元気でいても老後の生活でいつかは家族の援助や福祉サービスの利用を受ける日が来るはずです。
早めに準備を始めておいて損なことは一つもありません。
自分自身も困らず、充実した老後を過ごすことができるでしょう。

そのためにも65歳までには事前の準備をしておくことをお勧めします。