年を重ねると、普通に歩けていたはずなのに、だんだん引きずり足になったり、何かをするにも億劫になってしまうことなどありませんか?ふとした拍子に、足を滑らせて骨折、もしくは打ち所が悪ければ、後遺症を残す可能性だってあります。そこで、介護保険内でのリフォームを検討してみてはいかがでしょうか?

介護保険でリフォームが可能

介護保険でそんなことができるの?と思われた方もいるかもしれません。リフォームと言っても全体的な改修工事ではなく、介護に必要な箇所だけのリフォームが対象です。上限も20万円までと決まっておりその中での1割を自己負担する、という仕組みです。

・手すりの取り付け。

・床の段差解消。

・滑り止めや移動の円滑化の為の床材変更。

・引き戸などの扉変更(取り替え)

・洋式便器への変更(取り替え)

上記内容が、上限20万円内で1割の自己負担でできる主な内容です。

リフォームを行う上での注意点

安全な生活を送る為に介護保険でリフォームしませんか?についてのイラスト
ここまでの記述では、介護保険は良い事尽くめと思われる方もいるかもしれません。まずは市町村へ助成金制度があるか確認して下さい。介護保険制度を担っている主体は市町村なので、場所によって助成金を取り扱っていない場所もあるので注意が必要です。またリフォーム業者との確認も必要です。予算を20万円以内と話をしていても、着工後に100万円以上請求された、工事が雑だったなどの例もあります。業者とどういう話をしたのか、後々確認できるメモや話し合い時の見積もり書など証拠を残しておくこと、また工事を業者任せにせず、自分の目で確認できるのか話し合いをすることも大切と言えるでしょう。

リフォームの必要性を家族と相談

リフォームをするにあたって、お近くに家族がいるなら一緒に考えてみましょう。ご本人が不安に思っている点と第三者が見て心配だと思う点が違うかもしれません。よく相談する必要があるでしょう。もし、相談できる人が近くにいない場合、一度ご自分でノートなどに、自分が生活で不安に思っている点を箇条書きにして書いてみましょう。そこで改めて自己認識することができますし、リフォームするにあたっての優先順位をつけることができます。

介護保険でリフォームが可能

毎日、ヒヤヒヤしながら歩くのではなく、何か少し変えるだけで安心して生活をすることは、限られた人生を有意義に過ごすことに繋がると思います。行動に起こすことを億劫だと思わず、殆どが事前に助成金申請をすれば、助成金や低利の融資が利用可能になる場合があります。一度、介護リフォームを検討してみてはいかがでしょうか?